語彙力アップでトーク力をあげる方法

  • 2015年7月2日
  • 2016年3月30日
  • 雑学
  • 41View
  • 0件

goiryoku

 

トークをマスターしたい!

「言葉によって意志を伝える」

という、トークの力をマスターしたいという人は多いはず。伝えたいのに、伝えたいニュアンスの言葉が浮かんでこない。会話を続けようにも、続かないことが多々ある。そんな悩み、ありませんか?

「語彙力がないから」

とあきらめていませんか。

語彙力を高めて、トークの力をアップする方法を紹介します。

 

SPONSORED LINK

語彙力としゃべりの能力の低さは同等?

 

相手と会話を楽しむには豊富な語彙が必要です。語彙が豊富なら自分が伝えたいことを正確に伝えることができるからです。一方、会話をするのに呆れるくらいの低俗で同じパターンの言葉づかいは、その人の語彙のなさと能力の貧困さを露呈する結果となってしまいます。

自分が会話を楽しむためには、「相手を楽しませたい」という気持ちが大切で、楽しませるためには豊富な語彙力が必要であるということです。

では、どうすれば語彙を増やせばいいのか。

 

活字や言葉に敏感になること

ありきたりですが、本を読むことです。本といっても漫画は不向きです。なぜなら、絵が想像力を妨げるからです。一方、活字がいっぱいの小説、随筆や紀行文などの難しくない本は右脳で想像力を働かすことができるのでおススメです。

 

新聞・雑誌

新聞や雑誌はその道のプロが記事を書いているので、時事問題など会話ネタの宝庫です。うまい表現や気に入った文句などがあれば、メモを取るなどをして自分の会話に生かすのもアリです。

 

辞書

「辞書を読んだ方がいい」というわけではないんですが、分からない言葉や文句を調べるクセを付けると調べる前にイメージなどで創造力がかきたてられ、調べた後で理解・納得できるので自然と語彙が増え、しゃべる能力が向上するという方式が成り立ちます。

 

番外編:年配の方と話す

年配の方と会話するとトーク力が上がります。話したくて×2たまらない年配の方々。彼らの話を聞くことで、聞く力を養えるからです。

 

「聞き上手は話し上手」

 

相手の話を聞くことで、相手が何を聞いてほしいのかが理解でき、自分が話すときには、相手が聞きたいことを話せるようになるからです。

 

 

まとめ

 

意味が分からなかった言葉や知らなかった文句が、自分なりに消化吸収できたら、それらを使ってみましょう。使うことで必ず自分のモノになり、語彙は必ず増えていきます。そして、語彙力が高まればトーク力がアップすること間違いなしです。

 

 

良かったら、こちら↓↓↓もどうぞ
http://monkmonte.com/make-you-laugh/

 

 

 

それでは良い一日を!

 

【改訂】2016/03/20

最新情報をチェックしよう!
SPONSORED LINK