冬の激太り対策

寒い季節が始まると、なぜか太ってしまう...なんてことはありませんか?

 

冷たいカラッ風が吹きすさぶ冬は、つい出不精になりがちです。

 

そのため、温かい部屋に籠りがちになり、ミカンなどの美味しい果物や、熱々のお餅など美味しい食べ物をTVを観ながら食べてしまいますよね。

もちろん、食べ過ぎで太るのは摂取カロリーオーバーが原因なので、仕方がないとしても激太りしてしまう原因は実はそれだけではないんです!

 

 

SPONSORED LINK

冬に激太りしてしまう原因

 

冬の激太りの原因は諸説ありますが、要因は3つです。

 

①運動不足

 

空気が冷たい冬の季節は、外出がとても億劫になります。

とくにコタツやストーブの暖かさからは、離れがたいものがあります。

そのため、運動不足になる原因の一つとも言われているので、寒さで代謝が落ちるこの時期は、意識してエクササイズやワークアウトをしない限り、太ってしまう可能性があります。

 

 

②遺伝と本能

 

生物学的に食料が少なくなる冬は、体力を極力消耗せずに、カラダがエネルギーを蓄えるようにできているため、それが冬に人を太らせてしまう原因となっています。

寒さに対応するため、エネルギーになる脂肪を溜めておこうという人間本来の遺伝と本能が成せるワザが要因なんです。

 

 

③様々な誘惑

 

クリスマス、忘年会やお正月などのイベントが冬シーズンには目白押しです。

クリスマスには豪華なご馳走やケーキ、忘年会にはこれまたご馳走やお酒があり、お正月はおせち料理にお餅にお雑煮と美味しいものが盛りだくさんです。

カロリー的にも脂質や糖質が高いモノがどうしても多くなってしまうので、適度な運動をせずに、寝正月などをすれば、太ってしまうのは明白です。

 

 

冬の激太りの対策と改善方法

 

冬の激太りを防ぐためには、

 

「食べ過ぎないようにするだけです」

 

って、言っても相当な覚悟で臨まなければならないし、ストレスが溜まりそうですよね。

なので、まず食べるなら、

 

 

野菜ファーストで食べる

 

 

ことをおススメします。

なぜなら、

 

 

野菜の繊維質が糖や脂質の吸収を抑えてくれるから

 

 

です。

特に蒸し野菜や炒め野菜などの温野菜がおススメです。

 

野菜を加熱することで水分が減るため、容量を多く摂ることができ、βカロテンや脂溶性ビタミンなどの栄養素が効率よく吸収でき、カラダの抗酸化力を高めることができるんです♪

 

 

野菜を炒めるなら、米油がおススメ

 

 

です。

米油はビタミンEが豊富で抗酸化力が強く、悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化の改善にも威力を発揮するのでぜひ使ってみてください♪

 

 

適度な運動

 

野菜ファースト以外の対策は冬太りの原因を一つずつクリアしていくしかありません。

そこで運動不足の解消は運動するしかありません。

 

本来であれば、心臓に負担の少ないウォーキングやスロージョギングなどの有酸素運動を50分程度するのが理想ですが、冬は寒いです。

 

そのため、寒いのが嫌でしょうがないのなら、屋内で筋トレなどのワークアウトをしましょう。

 

ワークアウトをすることで、筋肉を付け、血行を良くすることで、カラダの代謝を良くして、冬太りを防ぐことができます。

 

 

ワークアウト・メニュー

 

スクワット

 

両足を肩幅くらい開き、つま先は外へ向け、背筋はまっすぐ両手はまっすぐ前か頭の後ろに組み、息を吸いながら地面と太ももが平行になるぐらいに3秒くらいかけて落としていき、上げるときは息を吐ながら3秒くらいを10回。これを3セット。

 

腕立て(無理な場合は膝をついて)

 

両腕でカラダを支え、左右の肩甲骨をくっつけるつもりで10回。呼吸は下す時は息を吸いながら、上げる時は息を吐きながら。これを3セット。

 

 

腹筋(膝を曲げて)

 

体育座りの状態で、額を両手で抑えながら、おへそを見る感じで10回。おへそから離れる時は息を吐き、おへそへ近づく時は息を吸う。これを3セット。

 

 

カラダに軽い負荷をかけることで、効果的に筋肉を鍛えることができます。

これを1日最低1セットするだけでも、効果抜群です。

 

 

遺伝と本能を理性で抑える

 

また他の方法としては、この遺伝と本能だけは自分の理性で抑えるしかありません。

 

太りたくないならエネルギーを蓄えようとする遺伝と本能を抑え込み、春にはスリムなったカラダを想像しながら、自分に打ち勝ちましょう。

 

 

誘惑は調整すべし

 

いろいろなイベントに誘われると思いますが、本当に自分にとって重要なイベントとそうでないものの区別をつけ、重要なものだけ参加することをおススメします。

 

もし、どれも重要であれば、食事などでは糖質や脂質の多いモノは避け、お酒は極力控えめにするなどの調整が必要です。

 

 

コーヒーの摂り過ぎは要注意

 

あと、意外とは思いますがコーヒーの摂り過ぎは、冬の激太りの原因でもあります。

 

もちろん、ミルクや砂糖の入っていないブラックコーヒーの話です。

 

その原因としては、運動不足だったり、カラダの冷えが強かったりすると、そのカラダの部分の血行が悪くなり、水分が溜まったままむくんでしまいます。

 

つまり、コーヒーはカラダを冷やす飲み物なので、コーヒーの摂り過ぎはカラダを冷やすため、代謝が悪くなってしまい、結果的に太ってしまうという悪循環に陥ってしまうからです。

 

 

まとめ

 

冬に太り過ぎないためには、適度な運動とカロリー調整をすることがとても重要です。

 

適度な運動によって、筋力をつけ、血流を良くするだけで、運動不足を解消することができます。

そして、脂質や糖質の摂取量を気にするだけで、カロリー過多を抑えることができ、冬の激太りを防ぐ対策と改善法が出来上がります。

 

太っても良いことはありません(特に40代を過ぎていれば)。

それを踏まえ、冬太り対策をお試しください。

試せば、きっとスリムなあなたで暖かい春を迎えることができますよ♪

 

それと、コーヒーは1日4杯までです。摂り過ぎにはご注意を。

最新情報をチェックしよう!
SPONSORED LINK