トランス脂肪酸を含むマーガリンがどんなに悪いヤツなのか知ってますか?

trans

米国は2018年までに食品全般にトランス脂肪酸の使用禁止を発表しました。トランス脂肪酸ってそんな国で禁止するほど悪いモノなの?なんて、疑問が湧いたので調べてみました。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

トランス脂肪酸とは

toast

一般に言われるトランス脂肪酸といえば、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどに多く含まれ、パン、ケーキ、ドーナツ、クッキーやスナック菓子などの

「みんな大好き!」

な人気モノの原材料に含まれています。

しかし、人気モノの中には悪モノが潜んでいたんです。

トランス脂肪酸は、

食品界の悪モノ

ということは分かるが、なぜ悪モノなのか具体的には分からない。

なぜトランス脂肪酸は忌み嫌われるのか?

子供の頃、よく食べたマーガリン。

トーストにたっぷり塗って、ココアと一緒に食べたもんです。

しかし、今は冷蔵庫の中にマーガリンはありません…というより、

「マーガリンはカラダに悪い」

と聞いてから、買わなくなったし、食べなくなりました(笑)

トランス脂肪酸が引き起こすリスク

なぜそんなに悪モノなのか?

まず1つめは、

icon-check-square-o 悪玉コレステロールを増加させ、善玉コレステロールを減らすことで、動脈硬化を促し、心臓疾患などのリスクを高める

そして2つ目は、

icon-check-square-o 痴呆症、またはアルツハイマーになるリスクが高い

最後に3つ目は、

icon-check-square-o アレルギー(アトピーやぜんそくなど)を引き起こすリスク

他にも免疫不全や不妊などの報告もあります。

そりゃ、悪モノにもなり、忌み嫌われますね(笑)

売られているマーガリンや外食事情では

悪モノにされているマーガリンですが、製造会社よってはトランス脂肪酸の含有率を100g当りで表示しているところもあります。

J-オイルミルズ社のマーガリンは製造段階でのトランス脂肪酸の発生をゼロにし、最終段階で1%前後した商品を出しています。

外食ではフライドポテトの揚げ油が問題になりましたが、モスバーガー、ロッテリアやKFCが改善していますね。

マクドナルドは残念ながら、トランス脂肪酸を多く含むショートニングを現在も使用とのこと。米国のマクドナルドは改善したらしいのですが...

本当の悪モノの名は

バターの代替え品として、植物油に水素添加したモノ、これが悪名高きトランス脂肪酸です。

つまり、自然界に存在しない人工化合物なのです。
他の人工化合物では人工甘味料などが有名ですね。
人工化合物は百害あって一利なしです。

そして、この正式名称が部分水素添加油脂
(英語名:Partially Hydrogenated Oils = PHOs)と呼ばれ、今回米国で使用禁止になったヤツです!

トランス脂肪酸の主要摂取源である部分水素添加油脂と呼ばれるモノが2018年には使用禁止になるんだそうです。

まとめ

米国もトランス脂肪酸を完全使用禁止ってわけじゃないらしい。
あくまでも部分水素添加油脂に禁止措置をするんだそうです。

日本では企業倫理に任せているのが現状です。

安いドーナッツ、クロワッサンやケーキなどはショートニングやマーガリンがたっぷり使用されているので、カラダにはNGだということは明らかです。

なので、避けられないのであれば、健康リスクを最小限に抑えるために、マーガリンの替りにバージンココナッツオイルを使うとか、食べる回数や量を減らすような自分で気を付けることが大切です。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/03/03

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。