紫外線対策としてサングラスに抵抗ある人はUVカット眼鏡がおススメです

uvcutgraases

サングラスはちょっとと抵抗ある人は意外に多い。ならば、UVカット眼鏡はいかがですか。そのUVカット眼鏡の選び方を紹介します。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

紫外線対策は365日必要

1年を通して紫外線対策が必要なのは今や常識。紫外線が強くなる季節といえば、5月から8月と思われがちですが、天気に関わらず、紫外線は一年中降り注いでいます。

UVカット眼鏡の必要性

晴天時の紫外線量を100%で表すと、

曇天時は50~80%、

雨天時は20~40%あり、

丸の内のようなビルが立ち並ぶオフィス街などは、

なんと光反射で120%にもなるんです。

幼児期から眼に対する紫外線対策↓↓↓がおススメです

紫外線対策は眼も大切!将来の眼病予防を今からはじめましょう

紫外線は肌同様、眼も日焼けを引き起こす原因になっています。

そのため、放っておくと、眼が傷み、視力の低下や白内障を引き起こす原因となるため、将来に備え、眼病予防を施さなくてはいけません。

そこで、もしサングラスが、

  • スカしてる
  • カッコつけ過ぎ
  • 芸能人かよっ!

って感じで、苦手だという人はUVカット眼鏡がおススメです。

UVカット眼鏡の選び方

そこで、どんなUVカット眼鏡がいいのか?

選び方をファッション性も加味しながら紹介します。

ちなみに、UVカットという言葉がありますが、UV = Ultraviolet(ウルトラヴァイオレット)の略で紫外線をカットすることです。

レンズの色の濃い薄いは無関係

紫外線透過率表示などのないモノやグラスの色が濃いモノは、瞳孔が開きやすくなり、より多くの紫外線が入り、眼にダメージを与えます。

紫外線透過率表示がある眼鏡

UVカット機能が高いサングラスは紫外線透過率が0.1以下、もしくは1%以下のモノを選ぶ。

UVカット率99%、または*UV400表示があるモノ。

*UV-Aといわれる紫外線が一番強く、波長が315~400あります。

その400をカットしますよ、という表示です。

顔のカタチに合ったフレームを選ぶ

面長の人

ウェリントン型アンダーリム型オーバル型

フレームの下から顎までの距離を縮めることで

小顔に見せる効果があります

四角の人

オーバル型太いセルフレーム型

フレームの色は寒色系。また細いフレームであれば、

ワンポイントでボリューム感があるフレームを選ぶと

好印象を与えることができます

丸顔の人

スクエア型ハーフリム型

丸い輪郭をシャープに見せ、クールで知的な印象を

演出することができます

卵&三角の人

オーバル型リムレス型

フレームの色を暖色系にすると、優しいイメージになります

眉と眼鏡

眉毛とのバランスに気を付けましょう。

眼鏡フレームの上部分(トップリム)と眉毛が平行になるモノをえらびましょう。

顔のカタチ↓↓↓に合う眼鏡の選び方

まとめ

以上を踏まえれば、ファッション性を加味した、自分に合ったUVカット眼鏡を選ぶことができます。

フレームデザインはほかにも、

  • ラウンド型:ジョンレノンが有名です
  • ボストン型:丸い感じの逆三角
  • バレル型:名前の通り樽型
  • オート型:別名パイロットグラス
  • フォックス型:目尻が上がったタイプ
  • オクタゴン型:八角形の柔和なデザイン

などがあります。

参考にしてみて下さい。

JiNS↓↓↓お洒落で手頃なメガネが豊富


それでは良い一日を!

【改訂】2016/08/04

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。