【改訂】整頓から整理することで得るスッキリ生活

kireiheya

断捨離などがありますが、心地良い暮らしをおくる方法は、捨てることばかりではありません。整理することがストレスなら、整頓することで要らないモノが見え、ストレスを感じることなく、整理できるようになる方法を紹介します。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

整理できない心理

自分の家をふと見渡すと、モノが雑然とあふれている。これは慢性的に乱れた状態です.

不必要なモノが目につき、それらを捨てなければならないのは分かっています。分かっているんですが、そう簡単に割り切って捨てられるものではないんですよね。手放すのに時間がかかることだってあります。

そこで、「整理しなきゃ」と思うものの、気負うせいか昔から頭が痛くなる。
整理とは、

乱れた状態にあるものを整え、秩序ただしくすること。不必要なものを取り除くこと。
by 広辞苑

とあります。なるほど分かりやすいし、かんたんに思えます。それなのに、できない(笑)

整理整頓や断捨離関連の本や雑誌も買いました。なるほど、素晴らしい。自分の家とはなんという違いだろう(笑)

モノを溜めこむばかりで、捨てないのはケチな性分が災いしているのか。潔く捨てられない自分と、整理しなければいけないという思いが、ストレスの原因になってしまう。

整理整頓するきっかけ

参考になった本のひとつに、

がありますが、溜まったモノの代表が服です。

悩みに悩んで、たくさんの服を捨てましたが、10着にはならなかったですね(笑)
自分でも意外だったんですが、太って着れなくなった服でも思い入れがあるんですね。
普段使わない雑貨にも思い入れがあるため、捨てきれない自分がいました(笑)

そこで、いつのまにか、

「ケチや捨てられない性分を倹約や節約を美徳として生活できないだろうか」

と考えるようになりました。

整頓と整理

倹約や節約を美徳して、スッキリと暮らすには、整理も大切だが、

整頓する

ことをモットーとしようと決めました。

整頓するとは、

よく整った状態にすること。きちんとかたづけること。
by 広辞苑

とあるので、整理よりは意味合いが優しい。

思い入れがあるならば、その時は無理して捨てず、同じ種類のモノをまとめてひとつのグループとして整った状態にすれば、それぞれのモノの置き場所を決めてやれば、雑然とした状態が防げます。

この『同じ種類のモノをひとつのグループとしてまとめて置き場所を決める』ということを繰り返し整頓していると、面白いことに、

icon-check-square-o 本当に必要なモノ

icon-check-square-o 不要なモノ

icon-check-square-o 足りないモノ

icon-check-square-o 余分にあるモノ

icon-check-square-o 実はそんなに思い入れがなかったモノ

が自然に見えてくるようになります。そうなれば、整頓によって整理するべきものが分かってくるようになるんです。

整頓からの整理

普段から整頓することで、探し回る時間の無駄や不必要なモノを買うという無駄遣いがなくなります。

要らないモノ、余分なモノや実はそんなに思い入れがなかったモノが目障りに感じるようになったら、抵抗なく整理できるようになり、倹約や節約を美徳して、スッキリとした生活ができます。

まとめ

整理整頓ではなく、整頓からの整理でスッキリとした生活ができるようになります。そして、できれば整頓は、こまめにするのが理想的だと思います。

子供が遊ぶおもちゃのように、子供が遊び終わった後、その度におもちゃ箱に戻すように片づける。これが最良の策です。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/04/08

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。