気になる疲れは疲れ別に解消するべし

take away tiredness

疲れには、「全身運動などの影響で筋肉痛による運動性疲労」と、「仕事や家事などで全身を使わない肩こりなどの局部的な疲れを労働性疲労」の2種類に分けられます。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

疲れは2種類ある

2種類ある疲労のひとつ目は、

全身運動による筋肉痛などの運動性疲労

そして、もうひとつは、

仕事や家事による肩こりなどの局部的な労働性疲労

です。

運動性疲労は全身の筋肉を使った運動による疲れなので、筋肉を休めることで、解消されます。筋肉は休めることで、発達させることができます。

一方、労働性疲労は多くの人が悩まされています。私もその一人(笑)仕事を座ってする時間が長く、運動不足になりがちです。なので、私の労働性疲労についてですが、解消法を紹介します。

心の疲れ

ふつうに生活をしていたら、仕事が計画通りにうまくいかなかったり、最悪なのは失敗したショックで前向きな気分にどうしてもなれないことがあります。

通常なら時間が解決してくれるのだが、そういかないことも多々あったりもします。そうした “ストレス” に対処しきれなくなったりすると、心の疲れが生じます。その心の疲れは、実はカラダの疲れから発生していることが多いんです。そこで、疲れ別に解消する方法があるんです。

疲れ別解消法

普段の生活において、4つほど気になる疲れがあります。なので、思い出した時で構わないので、これら疲れを溜めないために、疲労解消を行っています。

肩こり

katakori

デスクワークの大敵です。カラダを動かしていないと、肩甲骨の動きが悪くなる。これが原因です。

icon-check-square-o 肩こり解消法

両腕を高く上げ、クロールをするように、交互に腕を10回3セットまわす。

できたら、背泳ぎをするように、10回3セットまわす。

この時、必ず肩甲骨を意識して回すこと。

眼の疲れ

medukare

PCやスマホが原因。1時間PC見ていたら、10分外を見るのが良いとはされていますが、集中していたら、無理ですよね。

icon-check-square-o 目の疲れ解消法

涙がでるほど感動できる小説、漫画や映画。

実は、眼の疲れに効くのは涙。これ、ホント。

眼球のレンズを引っ張る筋肉の毛様体の疲れを涙を流すことで、

一気にリラックスさせます。

時には思いっきり泣いてみよう!

むくみ

mukumi

足を動かさず、座ってばかりいるとむくみます。血流が悪くなるため、カラダもムクミます。

icon-check-square-o むくみ解消法

エスカレーターやエレベーターがあっても、積極的に階段を使う。

それでもむくみがとれないなら、膝の高さぐらいの椅子に15分ほど載せておくと、

非常に効果的です。

TV見ながらでもできますね。

冷え性

hieshou

カラダの代謝が悪いとどうしても冷え症に悩んでしまいます。

icon-check-square-o 冷え性の解消法

普段から新陳代謝を上げる歩き方。

足の指先まで意識して、いつもより歩幅を気持ち長くし、

膝を気持ち擦り合わせるように、踵から着地するようさらに意識して

歩くと、背筋も伸びカラダの血流が良くなります。

まとめ

部屋の掃除と同じで、疲れもついつい溜めこんでしまいます。溜めこんでしまうと、解消するのも大変です。

こまめに疲れを解消して、心もカラダもリフレッシュするのが一番です。そうすると、不思議と毎日がもっと快適に過ごせるようになります。

疲れを一気に回復するなら、温泉でゆっくりが一番かもしれませんね(笑)

温泉宿をネットで予約

onsen

koshiki_button

それでは良い一日を!

【改訂】2016/03/25

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。