頭のハチが大きくたってかぶりたい!【サーフハット】

surfhat1

家族でマリンプールへ出かけ、丸一日楽しんできました。
しかし、困ったのは日焼け。顔や肩の日焼けなどには耐えられるのですが、ここ数年で薄くなってきた頭頂部の日焼けには参りました。特に洗髪時、初日、2日目は頭皮の痛さでソフトタッチでしか洗えず、3日目にようやくちゃんと洗えたかなと思ったら、乾燥してくると頭皮の皮が剥けてきて頭はフケ状態。おまけに痒いんですよ。海、山、川などアウトドアが大好きな自分にとって「太陽は友達」同然なんですが、好き過ぎるがゆえの仕打ちに対抗策をと模索していたら、イイのを見つけました!

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

頭皮の日焼けはさらなる薄毛を引き起こす

私は海が大・大・大好きです。
以前は海が好き過ぎて徒歩2分くらいのところへ住んでいました。
当然、その時から髪へのダメージの蓄積は始まっていたのです。

なぜ「海」が「髪」にダメージを残すのかというと、

直射日光

紫外線

海水

など、要因はいくらでもありますが、海水に含まれる塩分が髪の毛を形成するケラチンを破壊し、水分を奪います。そのため、髪の毛が痛み、ゴワゴワしてしまいます。これ、実は笑いごとではないくらい深刻なダメージを髪の毛に与えているんです。そして、直射日光(特に紫外線)が追いうちをかけ、髪の毛と頭皮に悪影響を与え、薄毛になってしまうという悪循環。ここで一手を打たなければ、自分の頭皮は守れません!

日除けにサーフハット

普通に生活していても薄毛ダメージは深刻なのに、日焼けによってさらなるダメージを重ねるとはなんたる不覚!しかし、悔んでみても、「後悔先に立たず」です。そこで、防御策として、以前からいいなぁと思っていたのが、サーフハットです。

サーフハットのいいところは、

日焼け防止(UVカット)

軽い

通気性がいい

水中に潜っても脱げない(顎紐付き)

など、アタマをしっかりと守ってくれる機能が充実しています。最近は種類も増え、いろんなサーフブランドがこぞって出してきてますが、いざ試着してみると製品の多くは頭囲58cm。自分かぶると小さいんです。と、いうか自分の頭のハチが昔からデカイなとは知っていたのですが、試着で思い知らされるとは思ってもみなかったです(笑)

頭のハチが大きい場合

ビラボンやT&Cなどのブランドはお洒落で機能も高いのですが、頭のハチが大きい私にとっては非常に手が出しにくい。そこで検索方法を、「サーフハット 60cm」としてみたところ、見事に頭のハチが大きい人用にデザインされたサーフハットがあるじゃないですか。
それが、

FCS サーフハット Wet Buket


サーフボードのスケッグで有名なFCS

OCEAN & EARTH サーフハット Indo Surf Hat


サーフィン用品(ハードケース、リーシュやデッキパッドなど)で有名なOCEAN & EARTH

これら2つとも一見地味ですが、サイズで選んだらこれらがいいのかな...と思ったので、この二つをチョイス。

使ってみての感想

FCSのサイズはLとありますが、頭囲のある私でもすごく余裕があり、締めつけ感がなく、被りやすいです。カラーはグレーでどんな服装にも合います。
OCEAN & EARTHのサイズもL。後頭部に日除け(取り外し可)が付いていて、UV対策もバッチリなので、女性にもお勧めです。
2つとも、さすがに波乗り用とあって、どちらも使い勝手がよく、ワンタッチバックルで顎に固定すれば水中に潜っても脱げません。潜らなければ、顎紐を隠してかぶり、普段使いもOKです。
水に濡れても視界は良好、万が一、脱げても水に浮きます。

まとめ

サーフィンに特化しているだけあって、両方とも機能性に優れたハットです。
薄毛防止だけでなく、普段使いもできて、水中にも潜れるという優れモノ。
ちょっと気になっちゃうなぁ...なんて思う人には「サーフハット」はおススメです。

FCS サーフハット Wet Buket↓↓↓

OCEAN & EARTH サーフハット Indo Surf Hat↓↓↓

それでは良い一日を!

【改訂】2016/09/06

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。