リフレッシュランキングベスト10

banzai

「リフレッシュしたいなぁ」

と思うのは、男女ともに、仕事で失敗したときや嫌なことがあった時だそうです。そのリフレッシュ方法とは?

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

リフレッシュランキング

いろいろなストレスが潜む現代社会。

「リフレッシュがしたい」

と思った時、そのリフレッシュ方法をお持ちですか?と聞かれたら、即答できますか。

自分にピッタリと合ったリフレッシュ方法を見つけ出すのは、意外と難しいものです。そこで、リフレッシュランキングを挙げてみましたので、参考までに試してみることをおススメします。

1位 睡眠

夜型の生活習慣の人が多く、慢性的な睡眠不足の人も少なくありません。その睡眠不足を補うリフレッシュ方法として「寝溜め」をするということですが、効果はなく、短時間の「仮眠」の方が効果的です。

2位 ショッピング

女性が多数を占めますが、欲しかったモノや自分へのご褒美として、買うことでストレス解消に。また、出かけることで、運動効果があり、気分転換にもなります。

3位 美味しいものを食べる

美味しいものの基本は糖と脂です。糖分は脳のエネルギーを補い、頭をリフレッシュして、脂分は味覚を刺激し、「美味しいものを食べた」という満足感を得ることができます。

4位 お酒を飲む

お酒を友人や仲間と楽しく飲むことで、嫌なことや不安を忘れ、日頃のストレス解消ができますが、飲み過ぎには注意です。

5位 カラダを動かす

ウォーキングや散歩をするだけでも、汗をかくことで代謝を上げ、健康的にリフレッシュが可能です。

6位 お風呂

ゆっくりお風呂に入ることでリラックス効果が生まれ、日頃の疲れが解消されます。

7位 カラオケ

唄うことでストレス発散。リフレッシュにはもってこいの方法です。

8位 映画鑑賞

お涙モノの感動する映画がおススメです。涙を流すことでスーッと憑いていたものが取れます。

9位 何もしない

ボーッとするだけで、なんにもしない。心身ともに休めるにはベストな方法かもしれません。

10位 掃除

掃除するだけでなんですが、汗もかくし、達成感もあるわでイイコトづくしの意外なランクインです。

リフレッシュできたら、あとはやる気!

気持ちを奮い立たせ、やる気を出すかんたんな方法があります。それは、

「あなたならできる!」

「お前ならできる!」

と自分に対して声掛けをするだけです。

この二人称を使うことで、自分にアドバイスをすると、より幅広い客観的な観点に立つことができ、自分の行動がどう見られているかを考えられるようになったり、他人からこれまでに得てきた励ましなどを思い出したりすることができ、やる気を引き出すためには効果的な方法です。

まとめ

休日などの空いた時間にリフレッシュをして、元気を取り戻してから、明日に備えると、いいことがある気がしてなりません。

ぜひ自分に合ったリフレッシュ方法を見つけて、試してみてください。

それでは良い一日を!

【2016/02/29】

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。