熱中症を予防できる食べものと飲みもので暑い夏を乗り切る!

necchuushou

夏が暑いのは当たり前!暑くなければ夏じゃない!

しかし、暑過ぎるのも問題です。熱中症になんかなったら大変です!そこで熱中症に対する予防&対策できる食べ物と飲み物で乗り切りましょう。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

熱中症予防

熱中症予防といえば、こまめな水分補給が重要です。たとえ喉が渇いていなくても、水分をカラダから失う前に、素早く水分をカラダに吸収させることです。この水分補給が最も手っ取り早く行える予防策です。

熱中症の原因

私たちカラダからの放熱や発汗によって体温を下げるのですが、外の気温が体温以上のときや湿度が異常に高いと、カラダの放熱や発汗ができにくくなり、熱中症を引き起こします。そのため、30℃以上の真夏日などに多くの高齢者や灼熱の環境下で運動や作業を続けていた子供に熱中症は発生します。

熱中症の症状

症状としては、意外と無理や我慢をしているので気づかないものです。そこで、各段階ごとの症状をご紹介。

第1段階

 めまい、失神、筋肉痛、こむら返りや大量の発汗などで、比較的その場で応急処置できる軽いもの

第2段階

頭痛、不快感、吐き気、嘔吐、倦怠感や虚脱感などで、病院搬送が必要な中くらいのもの

第3段階

意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温などで、熱射病となり、入院して集中治療が必要な重いものなどの段階がありますので、熱中症を決して甘く見てはいけません。

熱中症対策

対策としては、普段からこまめの水分補給やカラダを鍛えることも重要ですが、食べ物や飲み物で熱中症を予防することも大切です。

熱中症対策の食べ物

icon-check-square-o カレー

icon-check-square-o スタミナ丼

icon-check-square-o 豚の生姜焼き

などの豚肉を具材にしたメニューが予防に優れています。豚肉はビタミンB1を多く含み、ビタミンB1は元気ビタミンとも言われ、不足すると糖質の分解力が下がります。ちなみに糖質は水分の吸収を促すのでスポーツドリンクは効果的です。

icon-check-square-o 梅干し

icon-check-square-o レモン

icon-check-square-o 黒酢

などは疲労回復や代謝の活発を促すクエン酸を多く含むので、そのまま食べても良し、飲んでも良し!もちろん、お料理に利用するのも効果ありです。

icon-check-square-o 枝豆

icon-check-square-o 納豆

icon-check-square-o 味噌汁

などの豆類はカラダの水分を保持する役目があるカリウムを多く含み、不足すると脱水症状になってしまうため、熱中症対策には重要な食材です。

熱中症対策の飲み物

icon-check-square-o 牛乳

意外にも牛乳が効果あり!かえって喉が渇きそうな気もしますが、30分程度のウォーキングなどの有酸素運動のあとに、コップ1杯の牛乳を飲む習慣をつけると、血液量を増やすことができるので、熱中症予防になり、暑さに強いカラダを作ることができます。

icon-check-square-o 麦茶

夏の定番「麦茶」
汗を大量にかくと、カラダの水分とともにミネラルも不足し、調整機能が不能になり、熱中症になってしまいます。ミネラルは私たちのカラダの中で作ることができないため、手早く摂る手段としては麦茶が最適です。

icon-check-square-o ポカリスウェット

俗にいう「ポカリ」
ナトリウム濃度が他の飲料水と比較しても一番高く、表十の血液濃度に近いので熱中症対策に最適な飲み物です。

まとめ

熱中症にならないためには、水分・カリウム・塩分の摂取が大切です。

おやつなどには、スナックばかりでなく、スイカやトマトなどの夏の旬を味わうモノがおススメです。

熱中症対策には夏に獲れる旬の野菜や、東南アジアや南国で獲れる果物などはカラダを冷やし、夏のカラダに必要な栄養分を与えてくれるため、積極的に摂ると効果的です。そして、年々暑くなる夏を健やかに乗り切りましょう。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/04/07

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。