食生活を見直すことでできる心臓疾患予防法

heart

心臓疾患は日本人の死因第二位。

生活習慣に起因して、動脈硬化が原因です。その動脈硬化の危険因子を回避して、予防を心がける対策方法を紹介します。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

日本人の死因第二位の心臓疾患

心臓疾患は日本人の死因第二位です。

その原因は動脈硬化。そして、動脈硬化は生活習慣に起因しています。

俗にいう、心臓病(虚血性心疾患)は心臓を動かしている筋肉に血液がいかなくなると同時に、酸素や栄養素がいかなくなり、細胞が壊死してしまいます。最悪の場合は、急激に心臓の機能が低下し、命を落とすことも。

心臓疾患で有名なのは、狭心症心筋梗塞です。

この狭心症と心筋梗塞の違いは、まず狭心症は心臓の筋肉が死なずに回復します

しかし、心筋梗塞は心臓の筋肉の細胞が壊死してしまい、 回復はしません

原因は動脈硬化

動脈硬化を引き起こす原因は生活習慣です。

「あれ、なんか急激に太った?」

なんて言われたら、それは危険なサインです。特に昔痩せていた人は要注意です。この危険因子である肥満は高脂血症、高血圧や糖尿病を引き起こします。

肥満

過食と運動不足。

高脂血症

中世脂肪などが増えると、粥状硬化で血管にたまり、動脈硬化を促進。

高血圧

血管に強い圧力がかかり、血管を傷つけ、動脈硬化を促進。血管が狭くなるため、さらに高血圧を促進。

エイリアン脂肪

エイリアン脂肪とはいつもは付着することのない心臓に付着するため、カラダがこの脂肪を異物だととらえ、白血球はその異物を排除しようと、毒素を放出します。この毒素が心臓に悪影響を及ぼし、突然死を招く原因ともなっています。

生活習慣を見直すことで予防対策

日本人は欧米人に比べ、脂肪を溜めておくキャパシティ(容量)が低いので、脂肪を溜めても何もいいことはありません。そこで、生活習慣を見直すことで、今の自分のカラダを改善し、改善することで心臓疾患の原因である動脈硬化を予防できます。

とにかく食事においては、過食を避け、

腹八分目に医者いらず

を心がけることが大切です。

食習慣対策

食事メニューは、高脂血症や高血圧にならない食材と調理方法で料理をすることです。

icon-check-square-o 塩分控えめ。1日5グラム未満に抑える

icon-check-square-o 動物性脂魚卵マーガリンを1週間ほど控える

icon-check-square-o 精製砂糖を摂らない、使わない。使うなら、三温糖、黒砂糖や蜂蜜

上記3点を抑え、

野菜などの食物繊維大豆類青魚を多く摂ることをおススメします。

生活習慣対策

icon-check-square-o ウォーキングなどの適度な有酸素運動をする

icon-check-square-o ストレスを避ける。ストレスがあったら、その日のうちに発散!

icon-check-square-o タバコは吸わない!身近で吸わせない!

まとめ

とにかくストレスを溜めないことが大切です。ストレス解消に食に走る人が多いからです。できれば、体脂肪を少しでも落とせる運動などで汗をかいて発散したほうがカラダにとっても精神的にもいいですね。

ストレスと脂肪は溜めてもいいことなんかありません。

そのことを心がけて心臓疾患や動脈硬化にならないように気を付けましょう。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/03/22

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。