勘違いダイエットじゃ痩せるわけがない理由【改訂】

mdiet

運動は最低週に5回、食事も気を付けているのに何故か痩せない。

当然、体重も落ちない!

生活習慣をしっかり気を付けているはずなのに、いつの間にか痩せない習慣が身に付いていた!なんてことになっているかもしれません。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

ダイエットへの勘違い

勘違いダイエットをしている人は実に多い。

運動

激しい運動をしていませんか。確かに激しい運動はカロリーを消費します。もし20分以上の運動するなら、スロージョギングやウォーキングなどの比較的軽い有酸素運動の方が、効率的に脂肪燃焼量が多くなります。

あと、運動した後はスポーツドリンクを大量に飲む人がいますが、スポーツドリンクはカロリーが意外と多いので適量にし、ミネラルウォーターを飲むことをおススメします。

食事

勘違いはなはだしいのが、一食抜きなどの食事回数を減らすダイエット。食事回数を減らせば、空腹時間が長引きます。

すると、人間のカラダは飢餓にそなえ、省エネ体質になるようになっています。

つまり、カラダは活動量を抑えるために、少ない食物でも栄養素の吸収率を上げ、体脂肪をためやすくします。

なので、朝昼晩の三食、または四食、五食を小分けに正しく食べる方が、
ダイエットとしては理想的です。

その他の勘違い

果物はカラダにいい?

もちろん果物はビタミン豊富なので、カラダにいいです。
しかし、摂るなら朝や昼がおススメです。夜に食べると果糖なので中性脂肪に変化し、カラダの中に溜まってしまいます。

唐辛子は肥満予防になる?

唐辛子成分のカプサイシンが肥満予防効果はありますが、脂肪の燃焼には効果がないことを憶えておきましょう。

カロリーゼロにだまされていない?

100g当り5kcal未満であれば、カロリーゼロやノンカロリー表示をしても良いと決められているので、カロリーゼロをいくら摂っても0ではないんです!

人工甘味料(アセスルファムなど)を摂り過ぎると、腸に悪影響を及ぼし、かえってダイエットを妨げます。

人工甘味料↓↓↓はすごく危険

危険な人工甘味料!ストロング缶酎ハイをありがたがってはいけない【改訂】
お気に入りのストロング缶酎ハイで今日の疲れを癒すリフレッシュの時間。 ほろ酔いかげんでふと原材料に目を落とすと、最後の...

まとめ

「こうすれば大丈夫!」

と、自分の知識だけでダイエットをするのも考えものですね。

よくやるのが、

「今日は多めに食べたから、長く、多めに運動すればいいや」

とか、

「夜遅めの食事を摂ったから、消化のためにもう少し遅くに寝よう」

などは間違った行為です。

カロリーの過剰摂取(食べ過ぎ)は運動をその分多くしても、成人の1日の燃焼カロリーはMax2,000kcalですので、もしそれ以上摂取したなら、脂肪に変わってしまいます。

そして、21時以降の食事がダメな理由は、人間のカラダが22時~02時の間に脂肪を溜めこむ働きがあるためです。

このように勘違い理由を知っていれば、ダイエットを妨げることはなく、自分が求める結果に近づくことができますね。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/04/06

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。