薄毛対策はカラダを根本からケア!これが一番!

usuge

最近、エグイくらいの抜け毛が!抜け毛が多いと感じたら、それは危険なサインです。頭皮を痛める紫外線には帽子などの対策はあるが、カラダの内面からしっかりとケアすれば、薄毛を防げます。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

薄毛の意外な原因

hairless

薄毛や抜け毛の原因には、

  • 食習慣(過剰な糖分摂取、飲酒や喫煙なども含む)
  • 日頃のストレス
  • ホルモンバランス
  • 遺伝

などがありますが、他にも意外な原因があるんです。

虚弱な胃腸

胃腸が虚弱だと消化吸収力が弱まり、髪が生える栄養が足りなくなるのと、血液が胃腸に大量に使われるため、頭皮へと血流が回りにくくなります。

無理なダイエット

無理なダイエットは血行を悪くし、これまた頭皮へ血流が回りません。おまけに無理な食事制限で代謝が落ち、皮脂が増え、結果的にフケが増え、脱毛への道がひらけ、薄毛へと向かうのです。

極度な眼精疲労

眼精疲労を放っておくと、血行不良によって頭皮まで栄養が回らず、頭皮がむくみ、毛根が多大なダメージを受けます。

では、どうすればいいのか。

薄毛対策

頭皮を丁寧に洗う

日頃の洗髪はシャンプーをしっかり泡立ててから、爪を立てず指の腹を使い、頭皮をマッサージするように洗い、すすぎをしっかりすること。リンスもシャンプー同様にしっかりすすぐこと。そしてドライヤーでしっかり乾燥させることが大切です。

十分な睡眠

十分な睡眠が大切です。

しっかり眠ることで副交感神経の活動が活発になり、成長ホルモンの分泌量が多くなるので、発毛を促します。

イソフラボン

豆乳や豆腐でイソフラボンを摂り、女性ホルモン(エストロゲン)によって育毛を活性化させましょう。

適度な運動

代謝を上げ、血流を良くすれば自然と頭皮に栄養が行き渡ります。

お医者さんに相談

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症のことです。なので、体質改善が難しい場合はお医者さんに相談するのもひとつです。

病院だからできた驚異の成功率97%のAGA治療

紫外線から頭皮を守る

抜け毛が一番多い季節は秋だと言われています。この理由は夏に浴びた紫外線がピークに達した時期だからだそうです。なので、外出の際は帽子と眼精疲労の元となる紫外線をカットするために、サングラスやUVカット眼鏡をすることをおススメします。

まとめ

人知れず私たちの頭皮はいろいろなリスクに晒されています。そんなリスクを排除しながら、カラダの代謝を上げ、血流を良くすることが頭皮へ大切な栄養を与え、育毛が促されるのです。

「リスクからのダメージを避けながらのカラダを根本からケアすること」

それが、薄毛を防ぐ唯一の方法です。

薄毛や白髪はシャンプーのやり方で改善できます
「カラダは元気だけど、頭髪に元気がない」 と悩める人に、髪の毛にまつわる噂の検証から、頭髪の元気を取り戻す、薄...

それでは良い一日を!

【改訂】2016/04/01

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。