ブログ記事を常に画像付きでツイッターに配信したい!!|過去記事も

twitter

今仕上げた記事や過去のブログ記事を画像付きでツイッターに何度も投稿することは大切です。なぜなら、ツイッターを見る時間が人それぞれ違うのでコマめに配信することで大事なブログ記事をたくさんの人に読んでもらう可能性を拡大することができます。そんなとっても便利なプラグインをご紹介。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

ツイッターに記事を投稿したい!

ブログの記事を拡散するにはSNSを利用するのが効果的であると人気ブロガーの記事でも提唱しているので、IFTTTなど利用していますが、「過去記事も再投稿したい」という思いも強かったので、探してみると不動産Tweet Old Postというプラグインを見つけることができました。早速コレを設定します。

不動産Tweet Old Post ダウンロード

不動産プラグイン↓↓↓をオープン

hp1

名称は不動産プラグインとなっていますが、この中にある不動産Tweet Old Postで、ツイッターに画像付き記事がツイートできます。

不動産Tweet Old Postを選択

hp2

不動産Tweet Old Postのページを下がると、ダウンロードがあるのでクリック

hp3

ダウンロードページがでてくるので、下部の不動産Tweet Old Postプラグイン ダウンロードをクリック。

hp4

不動産Tweet Old Post アップロード

ダウンロードしたfudou-tweet-old-postファイルをワードプレスでアップロードするためにプラグインで新規追加

hp5

プラグインのアップロードをクリック

hp6

ファイルを選択

hp7

fudou-tweet-old-postファイルをアップロードし、プラグインを有効化

hp8

F-TweetOldPost 設定

プラグインを有効化すると、ワードプレスのダッシュボードの下部にF-TweetOldPostが出てきます。

F-TweetOldPost1

F-TweetOldPostをクリックすると古い記事をランダムにツイッターにアップすることができます。その設定方法は次のような画面にて行います。

F-TweetOldPost2

  1. Twitterを認証するをクリック
  2. 記事のURLを含めるを “はい
  3. URL短縮サービスを利用に “
  4. ツイートに画像を含めるに “
  5. #ハッシュタグにて “タグからハッシュタグを作成します” を選び
  6. ツイート対象 投稿タイプにて投稿に “

で、「変更を保存」をクリックして完成です。

まとめ

ダウンロードしてアップロードしてと少し面倒ですが、一度設定してしまえば本当に便利なプラグインです。仕上げたばかりブログ記事やもっと拡散したいと思う記事などをツイートしたいと思えば、F-TweetOldPostの下にあるF-ExcludePostsをクリックすると、記事のサムネイルの横に、

「ツイートする」

という項目があるので、好きな記事を選んでいつでもツイートすることができます。

それでは良い一日を!

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。