全豪オープンテニス2016 錦織の優勝の可能性

kei nishikori

2016年1月18日から31日の日程で全豪オープンテニスの開催が決まりました。もちろん、我らが錦織圭も全豪に合わせ、調整を始めており、まずは最初のグランドスラムへの期待も高まります。

しかし、2015年のATP男子シングルス世界ランキングで錦織は8位。上位にはジョコビッチ、フェデラーやナダルなど強豪がひしめいています。

そんな強敵が立ちはだかったとしても、2016年シーズン最初の全豪オープン、錦織が優勝の結果を残せるかを検証。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

全豪オープンテニス・トーナメント

全豪オープンといわれ、オーストラリアのメルボルンで開催される4大メジャーの一つ。全豪オープン会場である、メルボルン・パークには、

  • ロッド・レーバー・アリーナ
  • ハイセンス・アリーナ

という2つの開閉式屋根の競技場があり、

  • マーガレット・コート・アリーナ

など、26面ものテニス・コートがあります。

全豪大会は熱中症対策として、“エクストリーム・ヒート・ポリシー”という、独自ルールが導入されており、外気温が35℃を超えるか、湿球黒球温度が28℃を上回った場合、主審が試合開始時間を遅延できる権限をもち、ロッド・レーバーとハイセンスでは、屋根を閉めて試合が行われます。

湿球黒球温度(しっきゅうこっきゅうおんど、英: Wet Bulb Globe Temperature)は、酷暑の環境下での行動に伴うリスクの度合を判断するのに用いられる指標。英称の頭文字を取ってWBGT(指数)とも呼び、また環境省ではこれを暑さ指数と称している。人体の熱収支に影響の大きい湿度、放射、気温の3つを考慮しており、湿球温度、黒球温度、乾球温度の値を使って計算する。軍隊、スポーツや高温の職場などでの熱中症等を予防するために国際的に利用されており、ISO 7243、JIS Z 8504などとして規格化されている。
by ウィキペディア

全豪オープンの時期は北半球とは真逆の暑い夏真っ盛り、欧米諸国から長時間と長距離移動や時差など様々な要因が重なるため、上位選手の欠場や番狂わせが起こりやすい大会ともいわれています。

世界ランク8位 錦織のグランドスラムへの道

日本の誇りとして、なんとしてもグランドスラムを獲ってほしい!

これは日本中の誰もが錦織圭に望む悲願ではありますが、本人自身が最も切望しているタイトルでしょう。

その証拠に2016年も過去にグランドスラムも獲ったことがあり、世界ランク2位まで登ったことのある、マイケル・チャン氏とコーチ契約を再び結び、さらなるフィジカルとメンタルの強化へと邁進する錦織には期待しかありません。

しかし、トップランクの強敵たちも全豪優勝というタイトルを虎視眈々と狙っていることも然りです。その強敵たち、特に世界トップランク5人を見てみると、

1位 ノバク・ジョコビッチ

nj

セルビア出身の1987年5月22日生まれの28歳

身長188cm・体重80kg

プレースタイルは右利き、フォアハンド片手、バックハンド両手打ち

2位 アンディ・マレー
am

イギリス出身の1987年5月15日生まれの28歳

身長190cm・体重79kg

プレースタイルは右利き、フォアハンド片手、バックハンド両手打ち

3位 ロジャー・フェデラー

rf

スイス出身の1981年8月8日生まれの34歳

身長185cm・体重85kg

プレースタイルは右利き、フォアハンド片手、バックハンド片手打ち

4位 スタン・ワウリンカ

wawrinka1

スイス出身の1985年3月28日生まれの30歳

身長183cm・体重79kg

プレースタイルは右利き、フォアハンド片手、バックハンド片手打ち

5位 ラフェエル・ナダル

nadal1

スペイン出身の1986年6月3日生まれの29歳

身長185cm・体重85kg

プレースタイルは左利き、フォアハンド片手、バックハンド両手打ち

上位5名すべてグランドスラム経験者であり、その名だたる強豪と相対する、

8位 錦織圭

kn

1989年12月29日生まれの26歳

身長177cm・体重70kg

プレースタイルは右利き、フォアハンド片手、バックハンド両手打ち

錦織とを見比べてみても、パワープレーに影響する体重差こそ少し気になるが、敏捷性や機動力を主体とするプレースタイルからすれば、実力的にも見劣りはしない。

錦織にはグランドスラム経験がないだけだ。

もちろん、上位5人それぞれに勝利した経験もあるので、全く問題ないと言いたいが、残念ながら、過去戦績は全く当てにならないというのもテニスの醍醐味です。

錦織がグランドスラムを獲るためには

2015年シーズンを終えた錦織は、常にポジティブな受け答えに終始しているが、これは自分への期待を込めての発言でもあるそうです。

しかし、2015シーズンの結果には満足していないという悔しさも滲み出ていました。

「もっと上に行きたい」

この言葉こそが2016シーズンへの抱負と自分をもっと高みへと上げたいという意気込みだろう。では、この飽くなき挑戦を続ける錦織が全豪の優勝というドアを開けるためには、錦織のプレースタイルが鍵となります。

錦織のプレースタイルはゲームが始まると、素早いタイミングでボールをとらえ、対戦相手の時間を奪うことができます。

そのため、どんなにディフェンスがうまい選手(上位の5人)でも、錦織には打ち負かす力が十分あるんです。

さらに、多彩なテクニックを持つ錦織が、今まで以上に高い精度で力を発揮し続ければ、全豪のタイトルを取ることは夢ではないとテニス関係者の誰もが認めています。

全豪オープンの優勝賞金

ちょっと気になるのは、全豪の優勝賞金です。テニス競技人口は年々増加傾向にあるので、スポンサーも多く、毎年賞金も増加しています。ちなみに、2015年の全豪オープンテニス・シングルスの賞金は、

優勝

310万豪ドル (約2億9000万円)

準優勝

155万豪ドル (約1億4500万円)

ベスト4

65万豪ドル (約6090万円)

ベスト8

34万豪ドル (約3186万円)

といった感じです。

現地時間の生で観るならWOWOW

行けるなら、オーストラリアで観戦したいですが、そうもいきません。

TV観戦となりますが、全豪オープンのTV放送を生で見るならWOWOWか、スポーツバーで観ることをおススメします。

ちなみに日本で生のTV放映権は1992年より、WOWOWだけが保有しています。

まとめ

グランドスラムの最初ですからね、全豪オープンが楽しみです。諸条件は錦織にとっても同じですが、全豪はいろいろと波乱が起きる大会で有名です。そういった外的要因も含め、すべての条件を味方につけて錦織の

全豪優勝

という結果をぜひ見たいですね。

錦織がもしグランドスラムを獲ったら、とんでもない結果が待っていると思うと、興奮を抑えることができません。

*便宜上、敬称省略させて頂きました。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/05/10

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。