ボーン再び|ジェイソン・ボーンがスクリーンに帰ってくる【追記】

jasonbourne

ボーン・アイデンティティーでセンセーショナルなスマッシュヒットを放つと、ボーン・スプレマシーで恋人の仇をうち、ボーン・アルティメイタムではCIAと自分の関係を探り出すという孤独なミッションに挑戦します。

3部作をざっくり過ぎますが、説明させて頂きました。

007のジェームズ・ボンドほど派手さはないけど、地味さがかえってリアリティを生み、観ている人をストーリーにのめり込ませる構成が素晴らしいボーン・シリーズが再びスクリーンに帰ってきます。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

ボーン・アイデンティティー(1st

銃撃を受けた男がマルセイユ沖で漁船に救助される。その男は記憶を失っており、唯一の手掛かりは皮膚下に埋め込まれていたスイスの銀行口座を示す、マイクロカプセルのみ。

スイスへ行き、銀行の貸金庫を開けてみると、何冊もパスポートがあり、自分はパリ在住のジェイソン・ボーンという。複数の大量札束と拳銃とともに将来の恋人となるマリーとともにパリへと向かう。

記憶はなくともメチャクチャ強い↓↓↓ボーン!

ボーン・スプレマシー(2nd

アイデンティティーから2年。人目を避けて恋人のマリーとインドのゴアで暮らしていたボーン。刺客が迫り、逃げるがマリーを殺されてしまう。

復讐を決意したボーンはCIAの刺客だと目星をつけ、CIAを追うが、CIAはボーンのテロ行為だとボーンを追う。ドイツとロシアを舞台にトレッドストーン計画の真実が暴かれていく。

RED/レッドでブルース・ウィルスを執拗に追うカール・アーバン↓↓↓が刺客役

ボーン・アルティメイタム(3rd

トレッドストーン計画によって人間兵器とされた、ジェイソン・ボーン。この計画はボーン離脱により、放棄されたが、このことを知ったジャーナリストは世間に公表すると発表したため、ボーンは彼との接触を試みるがCIAによって彼は暗殺される。

トレッドストーンの進化版、ブラックブライヤー計画があることを知ったボーンはまたもCIAに狙われることになる。自分を追う者と自分が誰であるかを探るうちに、全ての真相が明らかになる。

ジェイソン・ボーンの凄さ↓↓↓は最高潮に♪

ボーン・レガシー

ボーン・レガシーが4作目として、ジェレミー・レナー主演でありますが、マット・デイモンではないので割愛させて頂きます。

作品としてはいいので、興味がある方↓↓↓はぜひ観てみてください。

そして最新作

実は詳細がまだ明らかにされていません。相変わらずシブく、かっこいいジェイソン・ボーン。真新しい予告編がありますので、想像を膨らませてください。

新ジェイソン・ボーン↓↓↓予告編

まとめ

マット・デイモンが再びジェイソン・ボーンとしてスクリーンに帰ってくると知ったときは嬉しかったなぁ。

アイデンティティーのときから、映画館へ見に行き、ボーン・シリーズはすべてスクリーンで観て、DVDも持っています(笑)

次回作の詳細を早く知りたいですね。

分かり次第追記しますが、それまで予告編だけで想像をたくましく働かせながらお待ちください。

【追記】

ボーン・シリーズ最新作、『ジェイソン・ボーン』10月に日本公開決定!

ヒロインにアリシア・ヴィキャンデルが参加、トミー・リー・ジョーンズやヴァンサン・カッセルが脇を固め、監督はポール・グリーングラスが努めます。

アリシア・ヴィキャンデル

alicia vikander

ガイ・リッチー監督の『コードネーム U.N.C.L.E.』でも美しいヒロインとして抜擢されていますが、出演する映画のほとんどで数々の賞を総ナメ、『リリーのすべて』で第88回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされるほどの実力派女優(スウェーデン出身)。

アリシア・ヴィキャンデル、2016大注目の女優です!

*便宜上、敬称省略させて頂きました。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/05/10

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。