サラリーマンこそ事業運営すべし!に激しく同意|それには妻を社長に?!

japanies bizman

書店で気になって冒頭を読んでみたら、読みやすいと思ったのが第一印象。

ただ、「買いたい!」という衝動のようなものがなかったので、購入を断念したけど、その後も何となく気になるので購入。

読み始めたら、読みやすいのと面白いのとで一気に読破。

隣にあった続編らしき本も購入し、一晩で読んでしまった。

その本が、『いますぐ妻を社長にしなさい』と『とにかく妻を社長にしなさい』でした。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

妻を社長に

private company

本紹介に破産寸前の貧乏夫婦に5年で資産数億円をもたらしたプライベートカンパニーとは?には正直惹かれなかったが、借金地獄のどん底で気が付いた、サラリーマンが裕福になる方法というのに惹かれ、手にしたのが主な理由。本屋で立ち読みだったので、冒頭をサクッと読んでみたが、読みやすいなぁという印象。特に欲しい!という気持ちも湧かなかったので、買わずに本屋を出ました。

破産寸前で「お金の本質」に気付いて5年で借金を全額返済したという著者の紹介がどうしても気になり、もう一度本屋へ。今度は迷わず購入し、読み始めたら一晩で読み切ってしまった。続編らしき本が隣にあったのをおぼえていたので、翌朝購入。その本も一気に読み終えてしまった。

「妻を社長に」という言い回しに特に惹かれた訳でもないのに読み終えて、サラリーマンで事業をしていても、妻を社長にすれば融通が利くという、『金持ち父さん』系が好きな人には面白く読める本です。『いますぐ妻を社長にしなさい』は心構えを説いた本で、『とにかく妻を社長にしなさい』は実践方法を説いた本となっており、2冊でひとつとなっています。

事業を行う 心構え

妻に社長をしてもらうということは、事業運営をすることです。もちろん、実際は本人が事業運営をするんですが、妻を事業主とすることで、通常、サラリーマンでは認められない経費を事業から引くことができるということなんです。この部分が妻を社長にすれば融通が利くということなんですね。

サラリーマン=給与所得者は、一定の金額を経費として一律課税前所得から控除されています。もう少し補足すると、基本、サラリーマンは副業を認められていません(認められる場合もあるようですが)。理由としては、本業が疎かになったり、利益相反が起こることを防ぐため、認められていません。

なので、『いますぐ妻を社長にしなさい』では事業運営をするための心構えを学ぶことができます。

事業を行う 実践法

『とにかく妻を社長にしなさい』では起業、税務や会計などの知識が全然ないという人でも裕福になれるという、

「プライベートカンパニー活用術」

を懇切丁寧に教えてくれます。

第1章

ケチケチした節約生活をせずに今の生活水準をキープしながら、プライベートカンパニーを運営していくための種銭を創り出すコツ

第2章

簡単に会社を設立し、運営できるプライベートカンパニー設立法

第3章

失敗しないプライベートカンパニー運営への取り組み方

第4章

最大の難関である妻や家族の説得を成功に導く、究極の説得方法

などを紹介。さらに特典として、「種銭ワークシート」や「夢実現シート」など裕福になるためのツールも付属。

まとめ

『いますぐ妻を社長にしなさい』だけでは自己啓発としてはいいかもしれませんが、物足りないはずです。自己啓発であるなら、実践をして初めて自分のものになるので、具体的に実践法を網羅した『とにかく妻を社長にしなさい』で実践すれば、将来に対する不安は少しでも解消されるのではないでしょうか。

事業運営するための↓↓↓心構え

事業運営をするための↓↓↓実践法

ぜひ2冊読破をおススメします。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/03/12

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。