ホットサンドが食べたい!と思ったらコレ

toaster_c

マツコの番組でホットサンド特集があり、ハム&チーズは定番だが、残り物を利用するホットサンドの素晴らしさに感銘。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

ホットサンドが作りたくて

『マツコの知らない世界』

でホットプレートの特集がありました。

映画監督の大林亘彦氏の娘さんの大林千茱萸さんが、監督にソックリだったのには衝撃でしたが、やきそば、たこ焼きやおでんなど、翌日に残してしまったおかずを食パンに挟んで、ホットサンドにして食べるということが、斬新で衝撃的でした。

ぜひ食べたいと思い、探したのがこのサンドイッチ・トースター。

これなら耐久性もあり、キッチンだけでなく、アウトドアでも使える優れモノ。

toaster

サンドイッチ・トースター ニュー・バウルー

サンドイッチ・トースター ニュー・バウルー 詳細

サイズ

14.5×35×3.7cm

本体重量

420g

素材・材質

アルミダイキャスト、フェノール樹脂、フッ素樹脂

パンだけでなく焼おにもOK

トースターなどで、焼おにぎりをすると、どうしても時間がかかってしましますが、コレなら10分ほどで外はパリ、中はモッチリと仕上げることができます。

おまけに焼目をみながらできるので、好みの焼目で召し上がれます。

サンドイッチ・トースター↓↓↓ニュー・バウルー

まとめ

サンドイッチ・トースターを使うことで、挟んで焼目を入れたいモノ系では、時間も短縮でき、満足のいく料理バリエーションが確立できるのが嬉しい逸品です。

今まで電気のホットサンドメーカーを使ってたのですが、断然、直火のバウルーがおすすめです。

あっという間に焦げ目が付くので1〜2分でホットサンドが完成し忙しい朝でも重宝してます。

トースターで食パンを焼くよりも断然早いです。

たっぷり具を入れるのが好きなのですが、半分に切れ目が入るのであまり具は入れれませんが、そのかわり半分ずつ違う味にする事が可能です!

食パンのミミまでカリっと出来上がりペロリとおいしく頂けます!

汚れにくいのでお手入れもカンタン!

オススメです。

サンドイッチ・トースター ニュー・バウルー↓↓↓はこちら

それでは良い一日を!

【改訂】2016/03/08

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。