アクションカムのGoPro HERO4 Silver|ディスプレイ付でカンタン撮影

hero4 silver_cp

サーフボードやヘルメットなどに装着して、動きのある映像を簡単撮影できるアクションカムの代名詞、“GoPro”のHero4 Silver。

値段もお得で、画質もハリウッド納得の、このアクションカメラを検証。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

ディスプレイ有りの効果

GoProもHERO4となり、さらにバージョンアップ。

そのSilverエディションの特徴はディスプレイが付き、アングル確認とタッチ操作で撮影が簡単にできるようになりました。

小型デジカメをイメージしてもらえば、分かりやすいと思いますが、以前のHero3+までは、背面バッテリーだったんですが、Hero4では本体内に挿着できるようになっています。

タッチモードでは、撮影モードやメニューの選択ができ、撮った動画や静止画の再生がすぐ行えます。

しかし、パネルが静電式のため、手袋装着では反応しません。

ハウジング使用時

GoPro HERO4本体は防水対応ではないため、ハウジングに入れて使用するのが通例です。そこで、ハウジングにはタッチ対応と非対応があります。タッチ対応では、ディスプレイ部分をタッチ動作できるよう空枠があり、自転車などに装着した場合でも、不便さは感じません。

しかし、非対応のディスプレイ部分の空枠にフタをしてしまうと、従来のレンズなどがある前面部のボタン操作となります。

GoPro HERO4注意点

GoPro HERO4は通常、本体、ハウジング、マウントぐらいです。

なので、サーフィン、SUPや自転車の撮影をしたいと思ったら、専用パーツ(別売り)を購入する必要があるので、ご予算に合わせた購入をおススメします。

しかし、GoProは他メーカーへの流失を防ぐために、従来品を使用していた付属パーツなども利用できるので、一度買えば、将来的にバージョンアップしても、そのパーツを続けて使用できる利点があります。

GoPro HERO4 Silver

hero4 silver

amazon

rakuten

GoPro HERO4 Silver 詳細

サイズ(ハウジング使用時)

高さ70.5×幅69.5×奥行39mm(突起物除く)

重さ(ハウジング使用時)

151g

特徴

  • 内蔵タッチパネル式LCDディスプレイ
  • プロ規格映像/1080p 60 と 720p 120 で美麗な映像を記録
  • 高画質な12MPスチルフォトを30fpsもの速度でキャプチャー可
  • GoProアプリ、スマートリモコン(別売り)などと増強されたコネクティビティ
  • ハイライトタグ/録画中に映像にハイライトをタグ付けすれば、再生、編集、シェアが簡単
  • Quickキャプチャー/ボタン1回で電源オンと録画が自動的に可能
  • シネマクオリティでキャプチャー。そして、色・ISO・露出なども手動で調整可
  • シングルとタイムラプスモードで露出を最大30秒までカスタマイズが可能
  • スーパービュー™/世界で一番臨場感のある画角でキャプチャー
  • オートローライト/低光量環境でも最適なパフォーマンスが得られる自動フレームレート調整
  • 増強されたオーディオシステムはひずみを減少させ、よりダイナミックなレンジをキャプチャー
  • 新規にカメラ設定専用ボタンを追加し、カメラの設定が素早く容易セット可
  • ウルトラワイドなガラスレンズ/あなたとあなたの世界の映像は観る人々を惹きつけ、臨場感が可能
  • 3つのFOV設定-ウルトラワイド、メディアム、そしてナロー-それぞれ広い範囲の視点を提供
  • 頑丈さ + 防水131ft (40m)/極限の環境と状況下でも負けない品質です。
  • お好みのアクティビティー中での自分撮りも臨場感いっぱいにキャプチャー可
  • 60+以上のマウントとアクセサリーは様々な視点の提供とアクティビティーのキャプチャーを実現
  • カメラをワイヤレスに操作でき、コンテンツを観たりシェアが可能

ペアリングが可能

GoPro HERO4 Silverでは、Bluetooth とWi-Fiの両方に対応しており、アプリ起動時には認識速度に優れるBluetoothを使用し、ペアリングされてからの通信にはWi-Fiを使用することで、接続への時間短縮に対応する仕組みとなっています。

撮影モードの追加機能

  • 雲や人の流れなどを早送りのようにビデオ記録できる“タイムラプス”

  • 静止画撮影時の露光時間を最大30秒に設定できる“ナイトフォト”

GoPro HERO4↓↓↓ Silver

まとめ

最近は4Kが台頭してきていますが、GoPro HERO4 Silverでは、動きの早い被写体を追いかける際はフルHDで撮影し、動きは遅いが解像度の高い映像を撮りたい場合は4Kで撮ることをおススメします。

シーンに合わせてハリウッドも認める画質で撮影できるのが、GoPro HERO4 Silverの強みですね。

シルバーを購入しました。

Gopro系統を使うのはこれが始めてで、操作に自信がなかったのですが、液晶タッチパネルのおかげですぐに使えるようになりました。(説明書は見てません。)

バッテリーの問題がよくあげられるようなので、純正品としてでなくとも、バッテリーをいくつか購入する事をお勧めします。(私の連続撮影時間は、純正で1:30~2:00程。)

撮影機能は調べればすぐに分かると思いますので一つだけあげますと、スーパービューモードは凄い広角で、人間の目の視野と同等らしいです。

撮影した映像をパソコンで見ますと、迫力が全然違うと思います。

値段は高いかもしれませんが、使い方もとても簡単ですし、撮影方法やアクセサリーも豊富になるため許せる範囲だと思います。

【追記】

タンデムサーフィン↓↓↓GoPro HERO4で撮影

それでは良い一日を!

【改訂】2016/03/19

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。