超小型アクションカムのGoPro HERO4 Session|アイデア次第で面白い動画撮影が可能

gopro hero4 session_cp

動きながらの動画撮影が醍醐味のアクションカム。

このアクションカムは動作の邪魔にならないように、小型化されるほど、使い勝手が増す代物です。

そのもともと小さいアクションカムがさらに小型化され、本体自身が防水対応になったGoPro HERO4 Sessionを検証。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

さらに小型化の意味

GoPro HERO4といえば、小型デジカメをさらに小さくしたカタチを思い浮かべますが、このGoPro HERO4 Sessionはキューブ型。さらにコンパクトになっていて、HERO4 Silverと比較すると、サイズ感は約30%も小さくなっています。

なんと、HERO4 Sessionを使用する時はHERO4 Silver(ハウジング使用時)より、半分以下の重さで使うことができます。

おまけにSession本体が10m防水に対応している(HERO4 Silver本体は防水非対応)ので、防水ハウジングを使用する必要がありません。その分、軽量です♪

HERO4 Sessionの使用感

操作ボタンも最小限に抑えられ、撮影時に利用するボタンは1つだけ。上部にあるボタン:電源のON/OFF、録画開始/停止の操作が可能です。

またボタン長押しで、“タイムラプス”コマ撮りが、開始でき、上部にあるディスプレイでは、録画時間やバッテリーの確認ができます。

microSDカードのスロットが側部にあり、そこにUSBジャックが装備。

スマホとのペアリングもできるので、アングル確認も可能です。

なので、画質などの設定もスマホで行います。

GoPro HERO4 Session
gopro hero4 session

amazon

rakuten

GoPro HERO4 Session 詳細

サイズ(マウント装着時)

約高さ40.7×幅40.7×奥行38.9mm(突起物除く)

重さ(マウント装着時)

約89g

特徴

  • GoPro 史上最小、最軽量
  • 耐久性 + 10 m (33’) までの防水性能
  • カンタン1ボタン コントロール
  • プロのビデオクオリティー
  • パワフルな写真撮影

GoPro HERO4 ↓↓↓ Session

GoPro HERO4 Sessionのデメリット

残念なのが、バッテリーが内臓式のため、交換ができません。バッテリー交換ができないので、逐一充電は正直しんどい。そのため、撮影するときは約2時間の撮影時間を事前に構成しながら、撮影する必要性があるかもしれません。

「2時間あれば十分だ」

という人には、問題ないかもしれませんが。

まとめ

GoPro HERO4 Sessionは4Kには対応していません。

しかし、動きの激しい動画撮影を1080p/60fpsのフルHD画質で、従来のF値2.8、広角約170°のレンズでここまで美しく撮影できるアクションカムもそうはありません。

おまけにコンパクト化に伴い、ドローンやラジコンなどに取り付けたり、アイデア次第でいろいろなアクションシーンを撮ることが可能になったので、アウトドアやスポーツの様々なシーンで利用できること間違いなしです。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/03/19

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。