金運がアップする財布の選び方&使い方

wallet

普段、何気なく使っているお財布ですが、そのお財布にも寿命があることを知っていました?

どんなに気に入っている、良い財布でも、3年使用したら、新しいお財布に買い替えることをおススメします。ここでは、金運を生み出すお財布の選び方と使い方をご紹介。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

金運がアップするお財布の選び方

オーソドックスな黒色より、茶色やベージュのお財布を選ぶと金運アップ。

黒色の財布も悪くはないが、いまの金運をキープする運気が強いので、成功した人には黒色でもOKです。

金運を下げるお財布の色は、赤や青なので避けた方が無難です。

ベージュや茶色は、風水的に貯める運気を持つ土の色の財布がおススメです。

金運がアップするお財布の使い方

お金の気は雑多な空間を嫌うので、保管場所に注意です。

お財布は利用した分だけエネルギーを消耗するので、休ませることでパワーが長持ちします。

いい財布でも3年経過したら買い替え

どんなに金運のいいお財布を使い続けるのはマイナスです。

なぜなら、お財布には寿命があり、使い始めて3年を過ぎた財布には、お金を生み出す力がありません。

逆に金運を衰退させる原因になるので、買い替えることをおススメします。

使わないカードは別に保管

クレジットカードにはもともと消費するためのものなので、通常使用しないカードを大量に持ち歩くのはやめた方が吉です。

お財布に入れるのは利用頻度の高いカードに絞り、その他は別のカードケースで持ち歩くのがおススメです。

領収書等で財布をパンパンにしない

お金を呼び込むには、お金の出し入れがスムーズであることが大切です。

なので、長財布がおススメ。領収書やカード等でパンパンのお財布は、お金が入る隙がないばかりか、金運を消費してしまうので要注意です。

財布はズボンのポケットに入れない

ズボンのポケットにお財布を入れるのはNG。

落ち着かずお金の気が安定しないので、入ってきたお金も出ていきやすい。

鞄やジャケットなどの内ポケットで運気アップ。

家では財布は鞄から出す

自宅ではお財布は鞄から取り出して、寝室の北側の暗いところで休ませると運気が長持ちします。

銀行の通帳やキャッシュカードなど、お金に関するものを一緒に置いても吉。

逆に日当たりのいい場所、キッチン、電化製品のそばなど、金を溶かす火の気が強い場所におくと、浪費につながることも...

大切なモノを財布に入れておくのはダメ

宝くじを財布に入れておくと浪費を招くので、要注意です。

あと、神社のお守りや家族写真など、家庭内に病気やトラブルを招きかねないので、おススメできません。

金運のいい人の生活パターン

金運をアップするには生活パターンも大切です。

生活パターンを少し見直すことで、金運をアップさせましょう。

休日の過ごし方

土曜日はのんびりで日曜日はアクティブ

土曜は遅い時間の方が運気アップし、日曜は早い時間帯の方が運気アップ。

土曜はゆっくり過ごし、外出は夜がベター。

日曜は朝から行動するのが運気アップです。

通勤時間などの移動時間

新聞や雑誌などで情報収集

乗り物に乗って移動しているときなどは、動の気が生じているので、知識の吸収には向いていません。なので、新聞や雑誌、吊り広告など情報取集がおススメです。

お金を増やしたいと思ったら

お金を余らせようと行動すべし

お金は循環することで、増える性質があります。なので、生活を切り詰めて得たお金は身に付きません。

「余らせよう」

「余ったらいいな」

という意識で暮らすと、ゆとりが生まれ、そのゆとりがお金を増やすことにつながります。

お店に入ったら

好きなもの、お気に入りをオーダー

お金は豊かで楽しいことから生み出されるもの。「とりあえず…」ではなく、自分の欲しているものや、満足できるものを選ぶと生き金となり、金運アップ。

昼食はオフィスではなく、別の場所で

昼は陽の気が強い時間帯なので、なるべく外出し、環境を楽しめる場所での昼食が運気を活性化します。

外食するなら、テラスなどがおススメです。

革財布↓↓↓職人技が光る逸品

まとめ

金運を司っているのは、風水的には金の気ですが、金の気だけを意識すれば金運がアップするわけではないんです。

「金は土の中から生まれ、水に交わると増える」

という相生の関係があります。

つまり、金の力を強くするには、金を生み出す土の気と、金の気を増やす水の気が重要です。

なので、金運を上げるには、お財布を買い替えるだけでなく、洗面所、バスルームやトイレなどの水回りはいつでも清潔第一を心がけると運気アップです。

ぜひ生活に風水取り入れ、金運アップを目指しましょう。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/03/03

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。