テクニックだけでは勝てない仕事運&金運アップ法2016【デスク周り編】

on the desk

なにかツキに見放されたように、物事がうまくいかないときがあります。

そんなとき、自分の仕事場をマメに片付けや掃除をしたところ、うまくいかなかった物事がうまくいくようになる。理油はホコリが積もった机やPC、資料や荷物が乱雑に放置されている環境では、うまくいくのもうまくいきません。つまり、悪環境ではお金も仕事も、どんなに知識が豊富で、テクニックが優れていても、うまくいかないことがほとんど...

では、どうすれば仕事運や金運をアップさせ勝つことができるのか。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

まずは身近のところから

お金も仕事も、決してテクニックだけではうまくいかない。

身近の環境を見直して、少しでも汚れていたり、乱雑になっているなら、掃除して整頓するだけで、悪い運気の流れを断ち切り、ビジネス運や金運をアップ。

風水を取り入れてみると...

株で生計を立てているトレーダーが、あるときを境に損益の乱高下が激しく、まるでツキに見放されたように損が重なるようになってしまった。とりあえず損切りをして、清算したので大事にならずに済みました。

そこで、毎日していた株式投資を離れ、仕事場としていた部屋を見回したとき、自分の机に散らかった本や資料、机の周りには乱雑に置かれたカバンや段ボールなど、お世辞にも綺麗とは言えない環境に気が付いた。

何気なしに、整頓を始め、掃除をしたところ、気分が凄くいいことに気が付いた。その気持ちを毎日味わいたくて、株取引など仕事をしたあとに、マメに掃除をしたところ、取引がうまくいき始め、勝率もアップ。

実は気分転換でマメに掃除をしたのではなく、乱雑に置いてあった風水の本を参考に掃除し、整頓したんだそうです。その本に最も感銘を受けたのが、

仕事でお金を稼げる人、稼げない人では活動する環境で大きな違いがある

という言葉に影響を受け、その本を参考に整頓や掃除を行ったら、うまくいくようになったそうです。

風水とは

風水については中国発祥の4,000年も歴史のある、気の力を利用した環境学のこと。

古来、名だたる軍師たちにも利用され、軍学として発展し、良い土地を探し出して、その上に家屋やお城、また都市構築にも利用されてきました。

日本には602年ごろ伝来し、平安京をはじめとする都づくりに利用されています。

名だたる軍師たち

自分の環境を見直し、改善することで運を切り開けることを、有名な軍師たちとしては、三国志で有名な諸葛亮孔明、漢の高祖を皇帝にまでした張良、日本では武田信玄に仕えた軍師、山本勘助や、江戸幕府の礎を築いた家康の懐刀、天海などは軍学として風水を熟知していたため、その知識を活用してきたと知られています。

企業のトップたちも実践している風水

自分の状況や環境を見直して、気の力を利用する環境学、風水を企業のトップたちも取り入れている、誰でも簡単に実践できる、

仕事運&金運アップ法

を紹介します。

ビジネス運&金運がアップ!デスク周り編

「環境が運を決める」

というのが風水の基本。会社や事務所の自分デスク、投資用のPCがある自宅の机など、デスクトップ、またはラップトップを中心に文具や小物などを含む、自分を取り巻く環境を見直し、ビジネス運&金運をアップ!

電話機はデスク右側

仕事運が発展につながる電話機は机の右側。

部屋であれば、東側に置くと吉。

コーヒーや紅茶はマグカップで飲む

お気に入りのマグカップなどで飲むのが運気アップ。

簡易容器(紙コップなど)、缶やペットは逆に下げます。

緑系マウスパッド

緑系のパッドで電磁波の悪い気の部分を浄化。

こだわりの筆記用具

こだわりの愛用品を使うと、運気のアップにつながる。

高価な筆記用具はステータスを引き上げ、信頼感もアップ。

観葉植物でリフレッシュ

グリーン系パッド同様、電磁波を浄化。

本や書類は立てて整頓

ファイリングしてしっかり立てて整頓すること。

横積みは自分の実績や評価を潰すのと同じです。

幸運を引き込む光りモノ

ガラスやクリスタルなど、光を集める小物は、やる気や発展の運気アップ!

キャビネット(引き出し)は収納が重要

上の引き出しから、

  1. 文具
  2. 私物
  3. 書類

と収納するのがベスト。

重いモノなどは必ず一番下に入れると吉です。

まとめ

誰もが望む、仕事運&金運アップ!

風水に基づいたデスク周りを掃除と整頓で運気がアップし、勝つことができるならやってみない手はないですね。

毎年、今年こそはと思っている方、ぜひ実践してみてはいかがでしょう。

風水と聞くと、なんかもっと面倒だと思っていたけど、なんかカンタン♪と、思っていただけたら幸いです。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/03/20

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。