大晦日の笑ってはいけない名探偵のゲストを大胆予想【ガキ使特番2016】

gaki_cover

毎年、大晦日恒例の『ガキの使いやあらへんで』の特番、『絶対に笑ってはいけないシリーズ』が2006年から10回目を迎え、『名探偵24時』として2015を締めくくることが発表されました。

毎年、テーマを変えて笑わせてくれる『笑ってはいけない』シリーズは、バラエティの最高峰といっても過言ではありません。大晦日はコレを観て、正月を迎えるという家族も多いはずです。

「アウト~!」

の響きが印象的ですが、毎回のゲストが豪華でバラエティに富んでいて、笑わせてくれるのが有名でもある『笑ってはいけない』シリーズ。今回のゲストは誰かを予想してみます。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

決して見逃せない大晦日の『笑ってはいけない』シリーズ

gaki never laugh 2016

大晦日の楽しみ、『笑ってはいけない』シリーズが発表されました。2015年を締めくくる日テレのバラエティ、『ガキの使いやあらへんで』の大晦日特番は、松ちゃん&浜ちゃんのダウンタウン、ココリコの遠藤&田中と月亭方正たちが、毎年多数の豪華ゲストを交えて、笑える状況を見せられながらも、もし彼らが笑ってしまったら、

「○○、アウト~!」

と、コールされ、ケツバットでシバかれるという、奇天烈なお笑い番組です。

2006年から始まり、今年で10回目。10年も続いているということで、面白さは折り紙付きです。決して見逃せない、大晦日の家族恒例特番として、毎年観ている家族も多いはずです。私の家族はそうですが(笑)

『笑ってはいけない』シリーズの目玉はゲスト

gaki never laugh 2016_bus

「どんなことが起こっても絶対に笑ってはいけない」

という、過酷な状況に置かれながらも、次々に用意されている「お笑いトラップ」によって笑わされてしまうのだが、その笑いのカギとなるのが、常連ゲストのプロレスラー蝶野正洋や最近は俳優として活躍している板尾創路や『ガキ使』メンバーの家族をはじめ、大物俳優、大物女優、人気芸人やその年に話題になった人達が、「笑いの刺客」としてメンバーをケツバット地獄へと落とします。

その笑いのカギとなるゲストを日テレ関連から予想してみます。日テレ関連番組に一度でも出演経験があれば、その伝手から、ゲスト出演の依頼がないとは限りませんからね。

大物ゲスト俳優予想

大物俳優というと、梅宮辰夫が思い浮かぶが、彼は妻クラウディアとレギュラー化しているため、特別感がないのが残念です。

そこで、今回の大物ゲスト俳優の予想は、永井大から、ドケチとバラされた、榎木孝明ではないかと...

池井戸潤原作の高視聴率ドラマ『花咲舞が黙っていない』に出演していたし、30日間の不食生活でゲッソリ痩せたとそこそこ話題になっていました。おまけに、『花咲舞が黙っていない』は日テレです。可能性はなくはないです。

なので、 榎木孝明と予想します。

大物ゲスト女優予想

前田美波里が出てきたときには、正直、度肝を抜かれた。しかし、残念ながら彼女もレギュラー化しています。元宝塚だけあって、インパクトが強すぎるので、そのギャップで笑えます。

なので、宝塚つながりということで、大地真央ではないかと思います。桐谷美玲主演のスペシャルドラマ、『アンダーウェア』では、カリスマデザイナー&社長として出演しており、美しさは健在。

なので、 大地真央と予想。

しかし、残念ながら日テレとはあまりつながりが見られない大地真央。そこで、2015年はドラマにCMに大活躍の吉田羊と予想。前クールで日テレの『ドS刑事』に出演、顔を見ない日はないほど、メディア露出の高い、ノリにノっている女優は出演率が高いのではないでしょうか。

そこで、 吉田羊も予想に加えさせてください。

人気ゲスト芸人予想

8.6秒バズーカ

バンビーノ

コロコロチキチキペッパーズ

は固いのではないでしょうか。

8.6秒バズーカはラッスンで十分人気を得ましたし、コロチキはコントで優勝し、バンビーノも活躍しました。

なので、上記3者は確立高いですね。

話題になった人ゲスト予想

とにかく明るい安村

芸人枠ですが、TVでの露出度が高いことと、意外とトークでも潰しが効くということで、ゲスト出演するのでは...と予想します。

又吉直樹

芸人というより、文化人枠で呼ばれるのでは?

と、いう予想が強く、芥川賞のインパクトは強いですね。

または、

羽田圭介

TV出演が好きそうなので、この人も出る確率が高いです。

若手ゲスト俳優

大友有一プロデューサーが、

「バラエティに出たことがないというあの若手俳優が参戦する」

と言っていたので、こちらも予想すると、

窪田正孝

山崎賢人

この二人、『デス・ノート』で共演していましたが、バラエティ番組で観たことがないので、挙げてみました。おまけに、このドラマは日テレなので、高確率なのではないかと自負しています。

まとめ

ゲスト出演の予想はあくまでも予想の範囲であって、『笑ってはいけない』シリーズを毎年楽しみにしている人たちにとっても、観る楽しみが増えるひとつのイベントみたいなものではないでしょうか。

当たれば、予想のしがいがあったと、楽しめるし、ハズレても、十分楽しめる番組なので、翌日のお腹の筋肉痛だけは注意しておきましょう。

*便宜上、敬称省略させて頂きました。

それでは良い一日を!

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。