隅田川花火大会を10倍楽しむ方法

hanabi

夏の風物詩といえば花火。闇夜にスーッと打ちあがり、大輪の花を咲かせ、観客から喝采と感動を呼び込んだあとには終わると哀愁さえ感じさせる花火大会。そこで、隅田川花火大会を紹介します。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

隅田川花火大会

毎年7月の最終土曜日に行われる隅田川花火大会。
TVのニュースなどでも中継されますね。この花火大会のルーツは古く、遡ること吉宗(暴れん坊将軍で有名)が慰霊や悪病退散の祈願目的で両国の川開きの水神祭で花火を打ち上げたのが始まりとされています。

鍵屋と玉屋

花火を見ていて、
「た~まやぁ!」
とか、
「か~ぎやぁ!」
の掛け声を聞いたことはありませんか?今はあまり聞かないか...これは隅田川花火大会の歴史において鍵屋と玉屋が異なる打ち上げ場所から交互に花火を上げていた名残です。鍵屋は日本最古の花火会社として現存しています。

fwtour

夏の素敵な思い出に花火大会観覧ツアー

人気の陰で

毎年大人気の隅田川花火大会ですが、モラルの欠片もないヤカラが多く、粘着テープなどを張り付け、場所取りをしているらしい。実はコレ、無断で道路を汚したり、占有したとして道交法違反となり、罰則対象になります。

花火大会観覧ツアー

ちょっと人混みがなぁ...なんて人は花火大会観覧ツアーを利用してみるのもひとつの手です。

クルーズ船

浅草・吾妻橋付近の特別水域より、花火を楽しめます。

屋形船

開放感あふれるスカイデッキ付きで、粋なお座敷空間で花火を堪能できます。

屋上特設施設

ビルの屋上にて花火を観覧できます。など、人混みに煩わされることなく楽しめます。

matsuri

花火大会観覧ツアーに出かけてみるのもまた一興です

まとめ

一夜限りで2万発以上の花火が打ち上げられる隅田川花火大会。
テレビ東京では毎年生放送されていますが、夏の風物詩、花火大会に出かけて、間近で見るのも粋ですよね。ちなみに橋の上は混雑を避けるため、立ち止まることはできませんのであしからず。


それでは良い一日を!

【改訂】2016/03/29

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。