日本経済大不況時代の到来?!|大手企業と原油安の相関性

petroleum refining

2016年3月期決算の上場企業1000社以上の増収益が、なんと4月から6月期には平均24%だったのに、4月から9月の通算期だと半分以下の11%になる見込み。

下期以降はさらに赤字化になる企業が増えるそうです。

「日本経済大不況の時代到来?」

と勘ぐる人もチラホラと出てくる今日この頃。ホントにそうなるのかを検証。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

世界的に経済は不安定

日本経済大不況と言われる所以は、

  • 中国経済の失速
  • 原油安
  • 円高
  • 株安

などが主な要因で、この事情は日本の企業経営だけでなく、世界的な企業経営に暗い影を落とす要因となっています。

そのため、比較的安定感がある日本の大手企業にまで、赤字転落というイヤなシナリオが描かれる結果となっています。

大打撃を受けた大手企業

世界的不況に陥りかねない経済状況。

複合的に織りなす経済の悪条件が重なり、日本の大手企業に大打撃を与えている。

その日本の大手企業とは、

東芝

弱り目に祟り目の東芝は不正会計事件で、自分の首を自分で絞めた感が否めないが、リストラなどの解体作業へ進んでいる感が見受けられます。

  • 株価の下落
  • コスト削減のためのリストラ
  • 資金繰りのために黒字であったメディカル事業の売却

など破綻街道まっしぐらのように見受けられます。

海運業界

  • 日本郵船
  • 商船三井
  • 川崎汽船

大手3社が下方修正。理由は新興国の経済不振で積荷需要が激減。

スマホ関連業界

  • 村田製作所
  • TDK

中国経済の失速により、スマホ需要が低迷。

工作機械業界

  • DMG森精機

中国と欧州経済のダブル失速による大打撃。

介護業界

  • ニチイ学館

中国ビジネスの稼働遅れが足を引っ張り一気に赤字化。

ホテル業界

  •  ロイヤルホテル

円高と中国経済失速により、インバウンドが減少傾向。

*インバウンド:訪日外国人による経済効果

石油精製業界

  • JXホールディングス

原油安の煽りを丸かぶり。

商社

  •  住友商事

ニッケル事業(マダガスカル)にて770億円の減損。

自動車業界

  • トヨタ

対ユーロの円高で経営を圧迫。そしてガソリン安によるエコカー離れが著しい米国。同様にマツダ、米国で強いスバル、中国で強い日産も減益傾向。

原油安・円高が続くと

アベノミクス以前の状況に戻る可能性も出てきます。

デフレ時代に活況であった、100均ショップや低価格外食チェーンが息を吹き返すことも...大不況時代が復活してしまうのか。

原油価格の底打ちの兆し

原油安で苦しんでいるのは産油国自身も然り。

このままでは良くないことも理解してか、減産を探る動きの兆候が...

サウジアラビアが水面下でロシアに5%の減産を提案したらしく、減産協議の会合を開催する可能性があり、OPEC(石油輸出国機構)内部で臨時総会が開かれる要望も出ています。

その影響もあってか、1月20日の安値を付けた以降は、上昇が続いているのが現状です。減産とは言わないまでも、下落傾向だった原油市場に変化があることは確かです。

この原油安が変われば、上記に挙げた大手企業にとっては減収回避ができ、経済不況を迎えるリスクは避けられるのではないかと思います。

まとめ

企業として一番やってはいけない不正会計で自分の首を絞めた東芝。もちろん数万社と抱える取引先に迷惑をかけただろうが、迷惑を最も被ったのは社員でしょう。

ひた隠しにしていたトップの連中と監査法人の罪は相当重いですね。

ただ東芝は国策でもある原子力事業をもっているので、国が支援するかもしれませんが、国民感情としてはそれを許さないという見方もあります。

破綻であっても、回避であっても東芝にとってはイバラの道が続きますね。

大手企業の減収は即赤字につながる昨今。

複合的な経済的悪い要因、特に原油安がOPECやロシアの努力により改善されれば日本経済大不況のような、最悪の事態は避けられるのではないかと期待も高まります。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/05/19

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。