フラジャイル|最終話 医療の巨悪に挑む!大逆転の幕が開く!!【ネタバレ】

fragile_cp

前回から引き続き、宮崎智尋(武井咲)の幼馴染でもあり、重篤なガン患者である松田幸司(小出恵介)に治験薬としてAM105を使うことを了承した岸京一郎(長瀬智也)。が演じるしかし、AM105には重大な副作用があり、それを公表しようとしない製薬会社にチーム病理はどう挑むのか。そして、松田を救えるのか。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

フラジャイル 第10話 あらすじ

アミノ製薬の新薬AM105の治験への協力をあっさりと了承した岸京一郎(長瀬智也)。

アミノのMR火箱直美(松井玲奈)はAM105を利用したいという松田に会い、新薬を説明する。松田は火箱と話が合い、その様子を診ていた宮崎は二人を友人にしようと画策する。

一方、岸はアミノ製薬のAM105の症例報告書を精査していたが、新東京医療センターにおいて患者は新薬によって腫瘍が消えたことになっていたが、退院後に医療センターに再び通院した形跡がないことに気付いた。細木まどか(小雪)から検査技師であった森井久志(野村周平)がその医療センターで働いていることを聞いていた岸は森井の帰宅時を待ち、患者の情報を教えてほしいと頼む。

病理医界の重鎮、中熊薫(北大路欣也)はアミノ製薬が怪しい動きをしていることに気付き、その旨を岸に忠告する。

岸はアミノの症例報告書が改竄されているのではないかと火箱を問いただすが、彼女は否定する。岸は森井に調べてもらった患者の件を火箱に、退院した患者が2日後に急性すい炎と多臓器不全で亡くなっていたことを伝える。

症例事実を知った宮崎はAM105の副作用を疑ってしまう。しかし、松田はAM105の治験を続けたいと申し出る。

自分の働く会社、アミノ製薬や新薬に全幅の信頼を置く火箱は実は治験情報のすべてを把握していないので、真相を知っている部長の間瀬辰人(高嶋政宏)に患者が亡くなった理由を確かめると会社へ向かった。会社の不利となる情報を伏せたと悪びれもなく言う間瀬に失望する火箱。そして納得できないなら辞めろとまで言われてしまう。

火箱には兄がいたが、その大好きな兄が肺がんで亡くなったことを岸と宮崎に話す。AM105の治験データに改ざんがあることを証明するために火箱に協力を要請する岸。

森井は「なぜ医者になりたいのか」と問う岸の質問に答えが出せないでいた。

松田のAM105の治験結果ですい臓がんが小さくなったのだが、すい臓の機能の低下が著しく、このままでは1例目の亡くなった患者と同じ道をたどるのは明白だった。

火箱の上司、間瀬がついに岸と対峙する。

AM105の副作用に何の手立てもないことを岸に告げる間瀬。彼には症例実績にしか頭にない、患者を蔑ろにする最低のMRだった。

どうしても首を縦に振らない岸に「松田を治験から外す」という間瀬。

翌日、松田は亡くなった。悲しみを乗り越え、松田の剖検を受け持つ宮崎。

中熊の後援会にて岸が壇上に立ち、すい癌と化学療法について話を始める。AM105を始め、アミノ製薬の抗癌剤に対して治験症例の改ざんをしていたことを暴露する。これは火箱の協力によるものだった。

森井は医者になりたいのは100%の患者の治療をしたいからだと岸に告げるが、岸も病理に戻ってきてくれと彼に頼む。

懐かしいドラマ↓↓↓もすぐ見られます

まとめ

結局、森井も戻り、元の病理に戻りました的なエンディングで良かったのかな...

キレイにまとまり過ぎた感が否めませんが、終わり良ければすべて良しなのかな。

意外と松井玲奈の演技がまともなのでビックリはしましたが、良かったです。

続編、またはスペシャルなんかでやってくれないかなぁ。

*便宜上、敬称省略させて頂きました。

それでは良い一日を!

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。