フラジャイル|第9話 忍び寄る魔法の新薬の影【ネタバレ】

fragile_cp

重篤なガン患者、松田幸司役を小出恵介が演じる第9回。松田は宮崎智尋(武井咲)の幼馴染でもあった。

そのためいつも以上に肩入れしてしまう、宮崎。そんな宮崎を心配する岸京一郎(長瀬智也)。

また今回は前回病理チームを辞めていった検査技師、森井久志(野村周平)の動向も気になります。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

フラジャイル 第9話 あらすじ

岸は宮崎を助手に剖検(遺体を解剖して病気などを詳しく調べること)を実施。解剖作業を進めながら、岸は宮崎に剖検の意義を尋ねると、

「死因の究明と予期できない病変の発見」

と即答する宮崎に岸は、

「臨床医の採点と未来の誰かの命のため」

と付け加える。

一方、アミノ製薬の火箱直美(松井玲奈)は自社が開発した抗癌剤AM105の治験協力を得ようと中熊薫(北大路欣也)にお願いするが、あっさりと断られてしまう。

翌日、病理チームでは変化が。5人分の仕事量をこなしていた検査技師の森井が辞めてしまったため、新たな技師も来たのだが森井には遠く及ばないため、仕事は溜まっていく。岸の病院を辞めた森井は火箱の取り計らいで、残業のない病院を紹介してもらい、そこで技師として働き、医師としての勉強もしていた。

アミノ製薬の治験結果には裏があった。治験結果が良くなるよう巧妙な細工が施されていたのだ。それを知っていてAM105 を岸に推してもらおうと火箱。

森井を失ってバタバタする岸の病理チームだったが、宮崎の幼馴染、松田幸司(小出恵介)が検査入院してきた。検査の結果、松田はすい癌で、余命6ヶ月であることが分かる。

宮崎は心の内を岸に打ち明けるが、

「そんな状況で100%の病理診断ができるのか」

と宮崎に問いただす。その後、松田は自分に効きそうな抗癌剤、AM105を見つけ、宮崎にどうかと提案してみる。

AM105に重大な副作用があることが分かったアミノ製薬。しかし、公表を控えたアミノ。

翌日、宮崎は火箱を岸に会わせ、AM105の治験に立ち会うことを了承する。

その後、岸はアミノ製薬のAM105の治験症例に違和感を覚える。

懐かしいドラマ↓↓↓もすぐ見られます

まとめ

年齢に比例して進行率の高いガンは本当に怖いですね。

今回は前編で来週後編へとつながる続きものです。来週の展開が楽しみです。

*便宜上、敬称省略させて頂きました。

それでは良い一日を!

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。