フラジャイル|第8話 天才病理医 最大のピンチ!!【ネタバレ】

fragile_cp

岸京一郎(長瀬智也)が誤診?!

岸のチーム、宮崎智尋(武井咲)や検査技師、森井久志(野村周平)は病院を敵に回してしまう。そんな状況の中、100%の病理診断を下し、患者の命を救えるのでしょうか。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

フラジャイル 第8話 あらすじ

岸と宮崎は医師の卵である医学生に病理医の仕事を学ばせるために、温泉旅館で開催された「病理の学校」に参加することから始まる。実はこの学校へは岸の恩師である中熊薫(北大路欣也)に強制的に連れ出されたカタチだのため、機嫌の悪い岸の言葉は医学生たちに辛辣だった。

しかし、そんな岸を出羽カナは憧れの目で見つめていた。

一方、病理診断科では森井が女性外科から送られてくる検体を検査していると、火箱直美(松井玲奈)がやってきて森井をからかう。

翌日、岸が戻ってきて「部外者が来たか」と森井に聞くが、誰も来ていないと答えた森井に対して、それ以上検索せず、森井が用意した女性外科の検体を調べ始める。

岸の病理診断で細木まどか(小雪)の患者には問題なかったが、同じ女性外科の柳原亮子(森口瑤子)の患者にガンが発見され、手術をすることになる。

一方、「病理の学校」で岸に興味を示したカナは中熊の紹介で病理にインターンを取り付け、自分から岸に近づいていく。

岸は柳原の手術中の患者がガンではないということに気付き、柳原に手術を中止させる。

実は森井が検体を取り違えたことに気付いたが、森井は認めない。

病院に敵を作っていた岸は病院内から白い目で見られ、病理チームの危機は一層強くなる。

後ろめたさがある森井は自分を擁護してくれない岸にあたる。そんな森井に岸は、

「病理の目的は100%の診断だ」

と森井に告げる。そして岸は柳原に疑わしい患者に針生検をもう一度するよう、頭を下げてお願いする。岸にはガン患者の命を救うことしか考えていないからだ。

病院側は検査段階でミスが起きたことを公表。以前から病理憎しと思っていた副院長は病理の廃止を進めようとする。しかし、女性外科医の助手がラベルを張り間違えていたことを突き止める宮崎。

「医療現場の人間はひとつのミスも許されない」

と謝る柳原に言う。そして、柳原の部下にも人間だからミスはあるなんて、勘違いしないでほしいと。

カナは病理を去り、森井は医者になりたいので病理を辞めると言う。

果たして、病理チームはどうなるのか。

懐かしいいあのドラマ↓↓↓もすぐ見られます

まとめ

いいチームワークを持っていた病理だと思っていたのに、まさかの解散危機とは意外な展開です。さて来週はどうなる、チーム病理。

*便宜上、敬称省略させて頂きました。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。