フラジャイル|第7話 僕の言葉で組織を討つ!!【ネタバレ】

fragile_cp

岸京一郎(長瀬智也)がお世話になった放射線診断医、高柴善太郎(志賀廣太郎)との話。

岸の過去が良く分からないので、こういった展開は、岸を知る上では重要なファクターです。

今回は岸の過去に少しだけ触れられるストーリーとなっているのか。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

フラジャイル 第7話 あらすじ

岸は昔、お世話になった定年間際の放射線診断医、高柴に宮崎智尋(武井咲)を預けることに。何か意図があってのことだが、宮崎にはその理由を告げなかった。

呼吸器外科のカンファレンスに一人で参加した宮崎は、臨床医の診断に意見する高柴にお十六。高圧的な物言いの岸に対して、物腰の低い言い方の高柴。臨床医を柔らかい言い方で納得させた高柴に、さらに驚く。高柴は宮崎を放射線診断科に招待し、仕事を説明。

その頃、岸は上司の佐田直人(津田寛治)に無理矢理、病院の経営会議に参加させられ、理事長に病理の診断外来の開設を褒められるが、人員整理を含めた経費削減を勧められる。

仕事を終えたその晩、宮崎は検査技師、森井久志(野村周平)とMR、火箱直美(松井玲奈)と出かけた居酒屋に佐田が飲んでいて、高柴が佐田の指導医だったことを知る。

翌日、宮崎は消化器外科のカンファレンスで高柴と細木まどか(小雪)と顔を合わす。細木が発見した胃ガンの患者、北山奈央の診療方針が議題であったから。

しかし、担当医で副院長でもある岡崎は早期胃ガンのため、ESD(内視鏡治療)を行ったと説明する。しかし、肝臓への転移が疑われるため、化学療法後の切除をする方針だという。高柴、細木や宮崎は再検査を求めるが、岡崎は応じようとしない。そんなやり取りを岸は黙って見ていた。

佐田は古臭い診療方針を改めなければいけないと高柴を諭すが、クビ切り対象であると分かっている高柴は自分の診療方針を変えようとはしない。

奈央の化学療法を始めるが、奈央は肝臓ガンと思われる病巣は大きくなっていることがわかったので、病理検査を勧めるが岡崎は聞かない。高柴も臨床医が最終判断を下すというルールは破れないと言う。奈央の病状は悪化し、一刻も早い診断が必要になってくるが岡崎の患者の命より、自分のプライドを優先する姿勢が診療判断に支障を来している事態に宮崎は地団太を踏む。

「老兵はただ去るのみ」と言い、今月いっぱいで退職を決めた高柴に、岸はただの自己憐憫だと言い放つ。

岸の言葉に刺激を受け、奈央の検査を行う高柴。検査結果はアメーバ赤痢だと分かった。

岡崎は血相を変えて病理に飛び込んで、言い訳を並べ立てていたが、岸に、

「患者の命より、医者のいらないプライドを優先するお前に医者の資格はない」

と言い放つ。そして、決まり文句の、

「医者である限り、僕の言葉は絶対だ!」

とも告げる。岡崎は捨て台詞を吐いて、病理を出るが中熊薫(北大路欣也)に話を聞かれていたのか、肩をたたかれる。

懐かしいいあのドラマ↓↓↓もすぐ見られます

まとめ

自分のプライドのために患者の命を軽んじる医者は五万といると言い放った岸。

ホントにそうなら恐ろしい。

このドラマは病理の話だけでなく、医療界全体の事情などを分かりやすく構成してくれるので観ていて、本当にそうなのかな?と考えさせられる。

しかし、中熊教授とは一体どういう立場の人なんでしょう。今後が楽しみです。

*便宜上、敬称省略させて頂きました。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。