フラジャイル|第6話 僕の診断が親子を救う!【ネタバレ】

fragile_cp

岸京一郎(長瀬智也)がついに直接患者を診察する!第6話でとうとう岸が面と向かって患者を診るということで面白い展開に。患者を直接診ることがないから、病理医になったと公言する岸。

果たして、岸が患者と面と向かって行う診断にどう対応するのか。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

フラジャイル 第6話 あらすじ

岸は壮望会総合第一病院の病理診断科存続のため、セカンドオピニオンなどに対応する診療相談外来を受け持つことになるが、岸は宮崎智尋(武井咲)に任せてしまう。

なぜなら、患者と会わなくて済むから病理医になった岸にとって対面診断は苦痛この上ないからだ。診療相談外来を岸の上司、佐田直人(津田寛治)に勧めた岸の恩師、中熊薫(北大路欣也)もあきれ顔だ。

結局、一人で相談外来を担当する宮崎の元に娘を連れた母が、娘の薬が何度も変わることに不安をおぼえ、相談に来た。しかし、宮崎は娘の治療や薬は妥当な診断であると思うが、たまたま様子を見に来た中熊は、娘の様子を診て、状況を的確に当てた。

中熊の判断に感動する宮崎に、

「自分なりの患者の診方を見つければいい」

とアドバイスをする。

翌日、宮崎のところに紹介状無しで梅木みゆきが相談診療へ来た。急病で別の病院で入院した息子の診断が次々と変わるので、どうしたらいいものかと宮崎に相談する。

宮崎はとにかく息子の担当医の紹介状を貰ってきてほしいとみゆきに伝え、担当医である奈良井に紹介状を頼むが、彼の表情は曇り、紹介状をなかなか書こうとしない。

岸は奈良井からみゆきの息子の診療情報を得た。奈良井は患者を手放したくないためなのか、診断の甘さを見つけた岸はみゆきに事実を話す。

そして岸はみゆきが望む息子の健康のために、診断をし尽くすと諭す。ルールさえ無視して患者のために尽くすと。宮崎までそそのかす岸。

宮崎はみゆきと奈良井の病院まで行き、みゆきの息子を血液検査と胸中CT検査をした結果、免疫機能の低下は改善されていることが分り、栄養失調であることが分かった。

実はみゆきの息子は姉の子で、姉の育児放棄による栄養失調だったことが分かる。宮崎は、

「一人でよく頑張ったね」

とみゆきを褒めた。姉と連絡のついたみゆきは一緒に息子を育てることになったと宮崎に伝える。

一通り、うまくいった宮崎は満足するが、岸は定年間近の放射線医に宮崎の教育を頼む岸。

さて、その行く末はいかに。

懐かしいいあのドラマ↓↓↓もすぐ見られます

まとめ

患者に後悔させない診療をする病理の姿勢、岸や宮崎の姿勢にシビれました。本当にこんな医師が多ければ日本の医療ももっと良くなるのに。こんなお医者さんがいてくれたらと思わせてくれるドラマです。

岸に踊らされながら、何事も一生懸命になる宮崎がたまりません。

*便宜上、敬称省略させて頂きました。

【改訂】2016/02/26

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。