フラジャイル|第5話 僕の言葉で患者を救い出す!【ネタバレ】

fragile_cp

第5話では関ジャニの安田章大が登場。

ドラマ『夜行観覧車』では父親の殺害にあい、その事件に翻弄される長男役をしていたことが印象深かった役者です。

さあ今回はどんな展開になるのか。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

フラジャイル 第5話 あらすじ

お金のあるなしで人生は決まると森井久志(野村周平)はつぶやく。

女性外科のカンファレンスで宮崎智尋(武井咲)に病理診断結果を発表するように岸京一郎(長瀬智也)から頼まれるが、女性外科医である細木まどか(小雪)から楽しみだと言われる。

宮崎は緊張しいで、子どもの頃のピアノの発表会では緊張しきりだったと話をしていると、上司の佐田直人(津田寛治)から、病院内コンサートの出演スタッフを任されてしまう。

検査技師の森井は脳腫瘍科へ入院する小早川洋行(安田章大)という患者に会うが、違和感のある笑顔に彼のことが気になる。

一方、外科医の細木まどか(小雪)は自分の担当患者である安田春香(中越典子)に子宮検査の結果がまだ出ないという旨を彼女に告げていた。

その後、森井は小早川が緩和ケア科への転科を承諾、余命宣告されたばかりだった。

翌日、森井は岸に小早川のカルテを見せてもらい、病理診断でも治癒が望まれないことを知る。

小早川の病名は、副腎外褐色細胞腫。腫瘍の一種で副腎外に褐色細胞腫ができる珍しい病気。悪性のものは癌となり、予後不良となる。

そして同世代であることに森井と宮崎は動揺する。

しかし、カルテを見ていた岸は試していない抗癌剤に気付く。森井は興味を示すが、特定の癌にしか効かず、保険不適用なので、高価であると補足する。

買い物途中で森井は小早川と再会し、一緒に出掛ける。小早川は人生でやり残したことはないけど、唯一の心残りは音大に入って作曲したかったと森井に話す。

小早川が抗癌剤治療(オクトレオチド)のことを知っていたことを森井は知る。森井は医師を目指していたが、実家の破産によりやむなく医者になることをあきらめ、検査技師になったことを公開して後悔する。

森井のいつもと違う様子に気付く岸。小早川のことが気になり、オクトレオチドのことを調べ、小早川にオクトレオチドを勧める森井。

死ぬことを覚悟していた小早川だったが、自分が生きていることに気付き、生きることを選んだ。そして作曲をすることに決めた小早川。

「これからも医者になれるんじゃないか」

と小早川にアドバイスを受ける森井。しかし、そのアドバイスをくれた小早川は子どもを助けるために犠牲となる。

懐かしいいあのドラマ↓↓↓もすぐ見られます

まとめ

今回は森井の謎を知ることができて良かったし、小早川役の安田君が非常に良かった。思わず感情移入して涙をこぼしてしまいました。

ぜひ森井には医師を目指してほしいですね。

*便宜上、敬称省略させて頂きました。

【改訂】2016/02/26

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。