日本の食事情ランキング|グルメ大国ニッポンは世界で何位?!

washoku

「和食」、世界無形文化遺産に登録されてだいぶ経ちますね。あのとき以降、注目されているのでしょうか。

もちろん、注目度は高く、見た目も美しく、ダシをしっかり取って、健康にも気を遣った料理なので、和食は世界に浸透してきています。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

和食の定義

和食とは、

日本料理(にほんりょうり・にっぽんりょうり)は、日本でなじみの深い食品を用い、日本の国土、風土の中で発達した伝統的な料理をいう。日本食とも呼ばれ、日本風の食事を和食と呼ぶ。食品そのものの味を利用し、旬を大切にする特徴がある。

by ウィキペディア

和食は基本、あまり手を加えず、その素材の風味や良さを引き立たせる傾向が強く、塩で甘みを出したり、出汁(だし)の利用や灰汁(あく)抜きなど、引き算の料理などと表現されます。

素材の良さを引き出す和食

魚や野菜など多様で新鮮な素材、一汁三菜を基本に栄養バランスに優れ、自然や季節を表現し、季節行事との関わりが深い日本の食文化。

そんな食文化の中で育まれた和食は歴史も深く、見た目の美しさや食器にもこだわりを持ち、割烹は「割主烹従(かっしゅほうじゅう)」に由来します。

割主烹従

包丁を使って「割く(切る)」ことが主で、「烹る(火を使った調理。煮る、焼く)」ことが従うとされる

By ウィキペディア

日本が世界に誇る和食のはずが…

日本が世界に誇る和食なので、世界で一番健康的な食事を摂っている国は日本だと思っていました。

しかし、なんと世界125カ国を対象に、食料の供給体制、品質や価格、食事の健康、低体重児の比率、食物多様性、清潔な水へのアクセス、肥満や糖尿病といった食事がもたらす健康への悪影響などの観点から、各国の食事情を指数化したランク付けを見てみると、

1位 オランダ

理由としては、オランダは国民が十分に食べていける良い市場を作り上げ、食品価格の安定、多種多様食品のバランスが取れているとのこと。

2位はフランスとスイスなど、上位は欧州勢が独占状態。

125か国中、21位の日本

日本は米国と同等の21位でした。

衝撃の事実です。

日本は食品の相対価格が高いことが負の要因となっています。

これって、裏を返せば食品価格が高いために、国民が十分に食べていける市場ができていないということ。物価が高いと言われているのは、昔から...ということは、何も変わってない、日本自身が変えようとしていないんですよね。

グルメ大国ニッポンと自負しているはずなのに悲しいかぎりです。

まとめ

日本がまさかの21位。

日本は物価が高いと言われ続け久しい。

国産物を守るために海外からの輸入品に関税をかけるのは大切ですが、国産物の価格が高いのは本末転倒も甚だしい。国にはぜひこういうところをしっかりと善処してほしいものです。

なぜだろう?

こういったランク付けなどの評価は改善するためにあるんじゃないんでしょうか。TPPによって食品価格などは是正されるのだろうか。ぜひ中止していきたい!

ガンバレ、日本!

それでは良い一日を!

【改訂】2016/02/25

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。