【警鐘】「安いから経済的」にちょっと待った!!|輸入食品に潜む危険性

supermarket

リーズナブルな値段でお得に購入できる輸入食品。「安い」ということで家計にとっては非常に助かりますが、輸入食品自体を信用して購入しているかというと、信用してはいません。特に輸入物の生鮮食品は全くと言っていいほど、信用していません。

ほとんどの人は日本の検疫を受けて輸入されているのだから、問題ないだろうとタカをくくっていますが、そこに危険性が潜んでいることが問題なんです。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

厚労省の安全基準がすべてではない

「厚労省の安全基準があるから輸入食品は安全」なんて考えられていますが、安全基準が低すぎるのでは?と思うのは私だけでしょうか。

輸入時検査で安全を確保するために、本格的な流通が始まる前に輸入時の検査は行われ、OKが出たモノが国内のスーパーなどに出回ります。だから、購入できるんですが懐疑的なモノも出回っているのも事実です。それらあやしいモノたちをご紹介。

米国産ブロッコリーに抱いた違和感

broccoli

15年程前ですが、米国の仕事の都合でシアトルに行ったとき、たまたま覗いた貨車基地で消化ホースの6倍くらいの太さから40フッターの貨車の上へ白い液体をバラ撒いていたので、

「あれは何?」

と聞くと、「輸出用野菜に消毒しているんです」という答えが返ってきたので、見てみたいとお願いすると、OKとのこと。上から見てみると、40フッターのコンテナいっぱいになったブロッコリーに消毒剤をかけ、その後、小さなコンテナに小分けして防腐処理をしてから冷凍処理して、船で日本へ輸出するんだそうです。主に冷凍食品や外食向けがメインだそうですが...

この時に抱いた違和感、「このブロッコリーを食べた人は大丈夫だろうか」という思いは、スーパーの安売りで思い出しました。アメリカ産ブロッコリーが一塊で78円!確かに安いが買わずに高めだが、128円の国産ブロッコリーを買いました。

あのド太いホースからの消毒風景を見てしまっては、買う気をなくしてしまいます。十数年前の記憶でも忘れていないということはかなりのインパクトだったんでしょう。

中国産ニンニクの恐ろしさ

garlic

スーパーに行くと、安いニンニクといえば中国産。5個ネット、100円くらいで売っているので、国産ニンニク300円に比べれば、買いやすいんですがちょっと待ってください。

農作物をつくる上でとても重要なのが、土です。特にニンニクは土の養分を最大限吸収して育つ農作物です。ニンニクを作った同じ土壌での連作はしないのが通例です。それほど土の養分を吸収するニンニクの土壌が汚染されていて問題になっています。つまり、過度の農薬や汚染水で汚された農地のニンニクは汚染された環境で育てられ、汚染されたニンニクが育つんです。それを食べるとどうなるか、人体に害がないわけがありません。

安くて家計的には助かりますが、健康的には決して安心できない中国産ニンニク。土壌が汚染されているので他の野菜にも当然、悪影響があるので要注意です。

地元の人は食べないチリ産鮭

salmon

食卓に欠かせない焼鮭。その鮭の代表格といえばスーパーに並ぶチリ産鮭。一切れ98円とお手頃でこれも家計を助けてくれます。しかし、このチリ産鮭を生産者や地元の人は食べないことをご存知ですか。つまり、チリで養殖されている鮭は与えられている抗生物質や養殖場にまかれている殺虫剤によって薬づけにされているんです。その鮭を食すと人体に害があるということを地元の人は知っているのです。

チリにはもともと鮭は生息していません。70年代にJICAがチリに鮭の養殖の技術を持ち込んだことが始まりです。皮肉なことですが、日本人による技術によって育てられた食べ物が自分たちの生活を脅かす原因になるとは先達のJICAの人も驚いていることでしょう。

まとめ

輸入食品、特に生鮮食品の危険性をしっかりと提示しない国の姿勢には憤りさえ感じます。

経済優先で行くことに決して反対ではないですが、労働力や国を担う国民の健康を脅かす原因をなぜ排除しようとしないのか。

その危険性を排除しないために、公害などの人体被害が繰り返されていることに目を背けていることに疑問を禁じ得ませんね。

もちろん、輸入生鮮食品を買って食べるかどうかは、消費者次第なんですが、「本当のことを知ること」はとても重要です。消費者として、いつもに購入しているもの。それが、どこから来て、どのように作られているのか、ということを知ることは、とても大切です。

  • 安全に作られているのか?
  • 持続可能な方法で作られているのか?
  • 環境を破壊しているのか?

日本のスーパーで売られている輸入生鮮食品は、こんな風に作られているというショッキングな事実。たくさんの人に知ってほしい情報です。

「安くて経済的♪」

と喜んで買う前に産地を確認することをおススメします。特に小さい子供がいる家庭では注意する必要があります。

それでは良い一日を!

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。