イッテQ!が呪いの番組?! にもの申す!

itteq

『世界の果てまでイッテQ!』が芸能界の間で呪いの番組であるとまことしやかに囁かれているという噂が飛び交っている。縁起を担ぐことが好きな業界人にとっては飛びつきにくい物件であることは確かかも。

思い起こせば、中島知子が消え、そしてベッキーも...10年も続く、この面白番組から人気者が2人も消えるということは、芸能界にとっては受け入れがたいことなのか。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

イッテQ

毎週日曜20時を楽しみにしている人は多い。私もその一人です(笑)年間平均視聴率を19.2%も獲っている人気番組です。

『世界の果てまでイッテQ!』

は日テレ系列で毎週日曜20時から放送されているバラエティ番組です。なんと2007年2月から開始して以降、常に高視聴率をキープ。

コンテンツ内容としては、

  • 珍獣ハンター
  • 世界で一番盛り上がるのは何祭り?
  • イッテQ!温泉同好会

など、いろいろな企画を繰り出し、毎週変えながら、視聴者を飽きさせない構成がウリのバラエティ番組です。

最初は中島知子

イッテQ!はホント面白い!

毎週楽しみしているが、何かのスペシャル番組で放送されない日はすごくテンションが下がる。翌週への “元気の源” であるといっても過言ではありません

それくらい私は好きな番組です。珍獣ハンターのワールドツアーではイモトが訪れた国の面白情報や動物を教えてくれ、世界の祭りでは宮川大輔の奮闘を面白可笑しく魅せてくれる。温泉同好会の森三中の大島親方は最高の逸材です。

そんな「面白さ」満載の番組はそうはありません。だから、視聴率にも反映しているのでしょう。

しかし、事件は突然起こります。MCウッチャンのサポートを務めていた中島知子が家賃滞納や事務所との契約解除などで、2011年5月に消えました。

この時、ウッチャンは、

「中島、待ってるぞ」

って、TV越しに言っていましたが、彼女が番組に戻ってくることはなかった。

そして、ベッキー

その後、ベッキーがウッチャンのサポートとして回してはいたが、ゲス乙の川谷との不倫報道で、今まで築いていた清廉なイメージは崩れ、非難の的となり、メディアから消えることに...

2人もイッテQ!でサポートをしていた女性タレントが居なくなるのだから、“呪い”と言われてもしょうがない...って、いや、それは違うでしょ!番組は関係ないでしょ!

原因は自業自得

中島知子の場合は、占い師だかなんだか知らないけど、いかがわしい連中との絡みで、家賃滞納や所属事務所からの契約解除などで大騒動を起こし、自滅。

ベッキーに至っては、イメージを大切にしていたのに、結局は自分が最も嫌っていたイメージの大人になってしまい、ファンや視聴者からの反感を買い、失墜。

二人とも自業自得で現在の状況を招いただけです。それを“呪い”と二文字で片づけるのはいかがなものか。イッテQ!ファンとしては納得しがたいですね。

まとめ

最近のメディアの傾向としては、面白ければ...とか、ウケれば...とか「自分さえ良ければ」の自分本位の表現が多く、ファンや視聴者をないがしろにします。

そんなメディア傾向でいいのだろうか。敢えての炎上商法なのだろうか。と、いろいろと勘ぐってしまうのは私だけだろうか。

何かが違う気がする。

話は元に戻りますが、イッテQ!の呪いなんか存在しません!

これからもイッテQ!の面白さを追求するコンテンツには期待したいです。

最近のイチオシはロッチの中岡が奮闘するQチューブは面白さが最高です。

つまらない噂に左右されずに、イッテQ!、頑張れ!

*便宜上、敬称省略させて頂きました。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/05/20

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。