格安スマホの選び方、よく分かんない人必見!比較とランキングで検証

kakuyasusp_compare

格安スマホにはいろいろなプランがあるので、選び方に慎重を期し、比較やランキングで検証することで、自分に最適な格安スマホを見極めます。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

いざ!格安スマホ!

格安スマホは、

格安のスマホ + 格安SIM

の “格安端末と格安通信プランのセット” のことと理解しました。

格安スマホ、よく分かんない人必見!格安スマホ&SIMの詳細
日本政府が声高にスマホ料金は高いと言い出した。 なんか国民の気を強引な政策から逸らす狙いも垣間見えないこともないが、確...

次はいよいよ選び方を検証します。

格安スマホの選び方

格安スマホを選ぶときに気を付けたいのは、

  • 通信速度
  • データ量

ですね。

高機能スペックが増えている格安スマホとはいえ、料金差があり、通信速度は速いほど料金も上がり、データ量も多いほど値が張ってきます。つまり、自分に合った格安スマホを見極めるためには、現在使用しているスマホの通信速度とデータ量を把握することが大切です。

通信速度とデータ量の確認方法

通信速度は低速と高速とあり、低速でもウェブページの閲覧やLINEなどはストレスなく利用できますが、地図や動画などはデータ量が多いため、かなりのストレスがあります。

通信速度

  • 低速:200kbps
  • 高速:75Mbps以上

通信速度は精神的にもストレスのたまらない高速を選ぶことをおススメします。

データ量

格安スマホはデータ量に応じた(1GB~無制限)プランを選べます。一般的には1GB~2GBの利用者が多いとのこと。

今使っているデータ量を確認するには、

 icon-check-square-o dokomo

データ通信量確認方法(My docomo)

 icon-check-square-o au

auお客さまサポート

 icon-check-square-o Softbank

My Softbankソフトバンク会員専用ページ

にて確認してみてください。

格安スマホランキング

ランキングでいろいろと比較してみると、見えてこないものも見えてきます。

 icon-trophy 1位 楽天モバイル




通信速度:LTE    データ量:3.1GB

申込時や月額利用料のポイント還元ができ、楽天市場のポイントがずっと2倍(1万円の買物で100円お得)になります。楽天グループは利用できるサービスの種類が多いので、ポイントがほとんど現金のように使えるのもメリットの一つです。キャッシュバック(期間限定)も実施しているので要チェック!楽天カード(年会費無料)は審査があまり厳しくないので、申し込みも簡単です。

koshiki_button

 icon-trophy 2位 DMMモバイル



通信速度:LTE    データ量:3.0GB

データ量や端末のバリエーションが豊富で、SIMの料金が業界最安値。SIM単品での利用(端末代金の支払終了後)のランニングコストが安い!DMMグループの各種サービスで使えるポイントを月額利用料の10%分をもらえ、データ量の繰り越しやシェアができるなどのメリットが魅力!

koshiki_button

 icon-trophy 3位 mineo



通信速度:LTE(75Mbps~)        データ量:3.0GB

安さを求め、IP電話でも良いという方は、IP電話の基本料が無料(通常は300円前後/月)で利用できます。LTEの高速通信が利用でき、SMS機能付の500MBプランは700円/月。データ通信専用SIM単品では業界最安値。

koshiki_button

 icon-trophy 4位 Y!mobile



通信速度:LTE    データ量:1.0GB

通話が多い方は10分以内の通話が1ヶ月に300回まで無料!ただし、超過した場合は通常の料金が発生します。このようなプラン設定は他にないので、自社回線の強みです。最新の端末を選べるのも最大の魅力。

koshiki_button

 icon-trophy 5位 So-netモバイル



通信速度:LTE    データ量:4.2GB

Xperiaの端末が月額3,888円で利用できるプランが嬉しい。もっと安いものでは、通話もネットもできて月額2,480円は業界でもトップクラス。特に本体端末の割引が大きいのが魅力的。

koshiki_button

最後に

通信速度とデータ量を把握できれば、自分に合った格安スマホを選べます。

格安スマホは大手比較で断然の割安感

を求めて、購入、使用するのが目的です。

もちろん、端末の見た目も毎日使うモノとしては、選ぶ上で重要ですので、無視するわけにはいきません。

ただし、スペックなどにより料金に差は出てきます。自分の予算と使用頻度(通信速度とデータ量)に合わせた格安スマホをベストチョイスしたいものです。

上記ランキングリストにあるMVNO(仮想移動体通信事業者)を選べば、その他のMVNOよりはお得です。

なので、自分に合ったモノをしっかりと選んでください。

それでは良い一日を!

【改訂】2016/03/08

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。