転職前線異常アリ?!外伝|40代の挑戦!戦略的職務経歴書

turning point

40代での仕事探しには戦略的な職務経歴書もとても大切!まずは、「会ってみたい」と思わせる履歴書を補足する上で欠かせないが職務経歴書です。そのために自己分析と情報収集を徹底してブラッシュアップした経験知識予約を希望企業別に分けておくことも大切なので、そこんトコも含め、職務経歴書の作成方法を実践も兼ね紹介します。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

履歴書の足りないところをカバーする職務経歴書

自己分析の質と量が「ウレる職務経歴書」につながるので、徹底した自己分析はとても重要になります。採用の合否を分けると言っても過言ではありません。

採用側は人事のプロです。応募者がしっかりと棚卸できているかを職務経歴書から見抜いてくるはずです。なので、自己分析の成果が問われるということを理解してしっかりと仕上げなければいけません。

40代は特に職務能力を重点的に職務経歴書に示す必要があります。そして、職務経歴書は応募先によってその都度書き換えが必要であることも重要です。なぜなら、企業によって採用に値する人材のニーズがそれぞれ異なるからです。

自分自身の過去を変えることはできませんが、相手が知りたい情報にフォーカスして、ある特定の職務経験を強調したり、逆に目立たせない工夫をすることで、「面接する価値のある人材」という評価を得ることが可能になります。

自己分析の質と量がモノを言うのは、まさにこの時です!

採用側にとって「オイシイ」情報を厳選しなければ、「ウレる職務経歴書」を仕上げることはできないと理解しておくことが大切です。

職務経歴書に記載すべき項目

履歴書には応募者の全体像の概要が示されています。

よって、履歴書に書いた内容の中で特に強調すべきものだけを入れることが、読みやすい職務経歴書を作成するポイントです。

場合別記載項目 選択のポイント

すべてを書く必要はなく、キャリアの特性と応募先のニーズに合わせて適宣選択するのがベストです。

 同業種・同職種への応募の場合

  • 最も採用される確率が高い

応募先のニーズに合わせ、担当業務の中でアピール度の高いものを見極め、実勢を具体的に書く

 同職種で異業種への応募の場合

  •  成功率が比較的高い

職務遂行能力に加え、異業種への転職理由と応募先企業への志望動機が重要

異業種の知識が活かせる転職であれば、強調する

 同業種で異職種への応募の場合

  • 採用側が不安に思う

異職種であっても、必要な即戦力を示せる知識・能力・実績を徹底的に示す

異職種を志す理由と、勤務先への不満による転職と思われない退職理由も重要

 未経験の職種で異業種への応募の場合

  • 最も不利で、ハードルが高い

共通して必要とされる能力に関する実績を中心に、新たな職務に活かせる知識・能力・実績を厳選し、強調する

退職理由や志望動機とともに、意欲・人柄などアピール材料となるものはすべて記載

職種別アピールポイント

企業に貢献できる人材であることを証明する要素は2つ。

  • その職種に不可欠な資質
  • 職種に関わらず必要な資質

の両方が応募者の「ウリ」になります。それと、マネジメント経験があれば、それも「ウリ」になるので必ず記入すること。

 営業/販売

実績を数値化しやすい職種。

必ず数字で実績を示す。商品知識、バイタリティ、企画力やストレス耐性もアピールポイントとなる。

記載項目

担当商品 対象顧客 担当地域 営業/販売方法 実績 顧客数

 サービス

人間好き、面倒見の良さが必要とされる職種。

コミュニケーション能力、誠実さ、奉仕精神を発揮した実績をアピール。

記載項目

経験した業務内容 対象顧客 実績 資格

 総合/事務

正確性や迅速性が問われる職種。

効率性や経費削減実績は数字で表現できる。職務が多岐にわたるため、内容を詳細に記す。

記載項目

経験した業務内容 実績 資格 特技(PCスキルは必須)

 企画/開発/研究職

情報活用能力、特定分野の専門知識が必要な職種。

先見性、分析力、調整能力や問題解決能力を実績で示す。

記載項目

担当商品 担当分野 対象顧客 職責 実績 専門知識

 技術

専門性の高い職種であるため、業務内容や職責を明記。

技術力の高さを示す資格や特許等は重要なアピール材料。

記載項目

担当業務 職責 実績 資格 使用機種 特許または実用新案

 製作

専門性の高い職種であるため、業務内容や職責を明記。

センスが問われるため、職務経歴書に作品を添えて提出する。

記載項目

担当業務 職責 実績 資格 使用機種 特技(PCスキル、使用ソフト)

40代はキャリア式

応募者の多くが編年体式で仕上げる傾向がありますが、その理由として書きやすいからです。ブラッシュアップ前の書き出しには網羅できるので便利です。なので、下書きに利用しましょう。

しかし、いろいろな職務を担当していたり、職種を経験していたら、ブラッシュアップした場合、応募に直結しない経験が含まれていたら紙面の無駄遣いになります。例えば短期間で転職を繰り返していたり、職歴に空白期間あることなどが目立ってしまいます。未経験の職種へ応募するキャリアチェンジにも編年式は不利になります。なので、40代はキャリア式が即戦力をアピールできます。

キャリア式 選択の目安

 職歴が15年以上

 職歴に空白期間がある

 転職回数が多い

 社内移動が多く、細切れでいろいろな職種経験がある

 応募職種への経験年数が短い

 異職種への応募(キャリアチェンジ)

など当てはまるのであればキャリア式がおススメです。

 職務経歴書の事例

営業に応募する場合を考え、経験知識要約もブラッシュアップ。一例ですが参考にどうぞ。

職務経歴書

門手文句

経験知識要約

一貫して営業管理における経験と知識を蓄積。米国にて専門商社で輸出営業マネージャー、日本において食品メーカーで営業課長、現在の貿易事業にて営業と経営管理を経験する。在米10年の英語力を活かしたビジネス交渉・商談で海外の顧客とも常に円滑なビジネス関係を構築。新規開拓や企画提案、立ち上げなど販売戦略を確立することによってシェアを拡大し、売り上げの伸長に多きく貢献。販売目標達成のための企画・戦略立案に幅広い知識と経験を有し、販売管理及び集客・顧客管理に精通している。また、マネジメントとしてOJTにおける人材管理や運営管理等に豊富な経験と実績を有す。

主たる経験及び達成事項

営業管理通算3年4ヶ月)

貿易営業 及び販売の運営管理を担当。輸入・輸出販売計画の立案から施策実行に携わる。

・海外商品の独占販売権を取得し、国内で独占販売

英国のチタン製カード財布とジェラルミン製ハンドメイド鞄、スイスのアウトドア用防水バッグ、米国のロケットストーブや折りたたみストーブ、ナノサイズドローンなどの国内独占販売。

・国内商品では海外ルート開拓と販売を展開

茶道や書道に関連する商品等を海外販売。

  • 国内向けと海外向けのサイト構築により販路拡大

日本語サイトと英語サイトに分けることで、販促効率を上げることに成功。

  • 英語で直接交渉・商談により、取引先とスムーズに提携

ビジネスレベルで商談、公式・契約文書を英語で作成することで信頼大。

  • 運営管理として会計処理等、経理全般を担当

弥生会計ソフトを使い、確定申告も経験済み。

2013年度:2千5百万円(粗利1千2百万円)目標達成率:初年度のため比較無し
2014年度:3千4百万円(粗利1千8百万円)目標達成率:126%
2015年度:3千6百万円(粗利1千6百万円)目標達成率:108%

海外/国内営業(通算6年2ヶ月)

海外/国内営業で食肉・加工食品の新規開拓や再顧客化営業を担当。特に顧客ニーズに意識、販路を拡大。

  • 新規開拓で販路を拡大

新規顧客の問題をクリアし、納得して頂いた上での信頼を得て新規開拓営業。そして、信頼を回復させるのは容易ではありませんでしたが、同じく問題をクリアし、再度顧客化するというミッションに従事し、営業拡大に成功致しました。2年目からは営業課長として、3名の部下のマネジメントにも携わりました。

貿易営業 及び販売の運営管理を担当。輸入・輸出販売計画の立案から施策実行に携わる。

  • 信頼回復で再顧客化営業

一度失った信頼を回復させるのは容易でなかったが、問題をクリアし、再度顧客化に成功。

  • 海外取引先とは英語で直接交渉

現地と交渉・商談のため利益率アップに貢献。

  • 5年連続社内MVP

入社以来、5年連続で社内MVPを受賞。

  • 営業課長

3名の部下のマネジメント。

2002年度:5億1千8百万円(粗利5千6百万円)目標達成率 187.7%
2003年度:7億8千4百万円(粗利8千4百万円)目標達成率 240.0%
2004年度:9億4千6百万円(粗利9千9百万円)目標達成率 990.0%
2005年度:9億6千3百万円(粗利8千4百万円)目標達成率 560.0%
2006年度:9億8千2百万円(粗利9千3百万円)目標達成率 310.0%

アメリカ合衆国にて、

輸出営業(通算5年)

海外/米国内顧客を対象とした食肉の営業を担当。日本ほか、アジア圏の新規開拓、販路を拡大。

  • アジア圏拡販プロジェクトにて販路拡大

昨対比において日本18%、韓国21%、中国9%、台湾13%、シンガポール3%の売上アップに成功。

  • ブランド・セールス・プロジェクトで利益拡大

日本国内の焼肉商材において新ブランド(焼肉華族)を創り、市場拡販に成功。

  • 米国内食肉工場に日本スペック指導

牛内臓肉など歩留まりを大事にする日本スペックを指導するため、米国の食肉工場に月1ペースで出向。日本の顧客から信頼を得る。

  • 専門商社の再顧客化

全く取引していなかった専門商社の再顧客化に成功、売り上げに貢献。

  • 輸出営業マネージャー

6名の部下のマネジメントにも携わる。

1998年度:9百万ドル(粗利22万ドル)目標達成率 129.3%
1999年度:1千6百万ドル(粗利4百万ドル)目標達成率 142.7%
2000年度:3千8百万ドル(粗利9百万ドル)目標達成率 168.6%

PCスキル

WORD            文書作成全般(日本語/英語で公式文書・契約書作成等)

EXCEL           表計算、データ入力、データ表作成、グラフ作成等

POWERPOINT      プレゼン資料作成等

会計ソフト      弥生会計

セールスポイント

  •  営業及び経営管理の経験・知識を豊富に有し、総合判断力に優れています
  •  多種多様な人材の集合体をまとめるリーダーシップがあります
  •  英語は一人で商談できるレベルです
  •  豊かな感性と創造性で、企画や業務の効率化を遂行します
  • 幅広い分野の業務経験・語学力・国際感覚を有し、常に期待される以上の実績を上げて組織に貢献します

*上記はA4用紙2枚に収まります。

まとめ

応募した企業、または採用側が知りたいのは、

「この応募者は自分たち企業にとって貢献できる人材か?」

ということだけです。応募先企業が違えばニーズも違い、その都度書き換える必要性があることを理解してください。この労力を惜しむと天職を見出すどころか、転職さえ危うくなります。自分は採用される価値のある人材であることを示すノウハウを修得し、20代や30代、またはライバルに差をつけて天職を見つけられるよう転職を成功させよう。

それでは良い一日を!

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。