転職前線異常アリ?!外伝|40代は年齢分以上にエントリー

turning point

40代の仕事探しには転職サイトはもちろん、地元に根付いたハローワークや人材紹介を利用するのもGOODです。40代の転職活動は紹介数の多さが重要であり、多ければ多いほど選択肢が増え、チャンスも大きくなります。そこで気になる企業があればとりあえずエントリーして、面接までこぎつけるのが得策です。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

強力な転職サイトへ登録

40代の転職活動において重要なのは自分の歳の数以上、40+αで希望企業にエントリーして、面接まで持ち込むこと。そのためには転職サイトになるべく多く登録して、自分へのチャンスを広げましょう。

せっかく頭を絞って、戦略的履歴書と職務経歴書を作成したのに1つだけの転職サイトに登録するのはもったいない!

とりあえず、「DODA」と「JACリクルートメント」は登録のし甲斐があります。

 DODA

自分の情報を細かく登録できるので、かなりドンピシャで紹介が来ます。

 JACリクルートメント

登録をすると、電話インタビューをしてくれ、希望企業の紹介率がかなり高い。

地元狙いならハローワーク

公的機関の就職斡旋の代表格といえばハローワークであり、在職者でも利用できます。その最大の特徴は求人情報の多さです。

求人情報収集のポイントは直接ハローワークに出向くのであれば午後がベストです。なぜなら、求人の新着情報が反映されるのは通常午後になるからです。

そして、地元に密着した情報が入手しやすいんです。管轄地域の求人開拓が行われており、詳細な企業情報が入手できる場合もあるため、地元で転職したいとなれば応募者にとっては大変心強い味方でもあります。

一方で求人の質に不満があるのも事実です。その代表例として、「実際の話が求人内容と違う」というものです。ただし、これはハローワーク以外の募集でもあり得ることです。面接のチャンスは他のルートより多いはずですから、窓口の相談を大いに利用し、企業を見る目を養うことができます。

また、待遇に満足できない求人が多いのも事実です。人材採用に極力経費をかけたくない企業が利用する場合が多いからです。そのため、規模が小さい企業ほどハローワークで求人募集をする比率が高いという調査結果まであります。

これについては考え方次第です。前職の給与を基準にすると、ハローワークの求人で満足できる募集案件は厳しいのが現実です。明らかに民間の人材紹介とは違います。ただし、そのような案件は採用側が求職者に求めるレベルも相当ハードルが高く、人材紹介サービスはすべての登録者に門戸を開くわけではないということを理解しなければなりません。

ハローワーク活用ポイント

  • コマメに通い、相談員に遠慮なく相談する
  • 例え相性の悪い相談員に当たってもメゲずに活用すること。個別支援サービスなど利用する手もあります。
  • 新着求人は午後を狙う
  • 新着情報が正午以降に更新されるため
  • その他の公的機関も適宜利用する
  1. 産業雇用安定センター
  2. マザーズハローワーク
  3. 人材銀行

まとめ

東京や主要都市で転職活動するなら、強力な転職サイトに登録することが重要です。とにかく40代は年齢プラスアルファで企業に応募しましょう。そしてハローワークを利用することで、面接などの経験値を積み、経験値を高めて本命の企業で堂々と本領を発揮できるようになりましょう。

地元に根付いた人材紹介も意外と使えます。ぜひ当たってみてください。

それでは良い一日を!

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。