転職前線異常アリ?!|40代の戦略的職務経歴書の書き方

skyscraper

職務経歴書の役割は即戦力を的確に伝えること。書式は自由なのでアピールできる自分のウリを存分に盛り込むことができます。自由に記述できるとはいえ、自分のウリが応募企業のニーズに応えられるとは限りません。ただ、採用側が知りたいのは「この応募者は私たち会社に貢献できる人材か」ということだけです。企業先が違えばニーズも違い、その都度書き換える必要も出てきます。採用する価値のある人材であることを示す職務経歴書の書き方を紹介します。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

自己分析の質と量できまる職務経歴書

書類選考の突破が転職のカギです。その決め手となるのが職務経歴書です。採用側が「会ってみたい」と思う応募者とは、

「企業に貢献できる」

という期待感を抱かせる人ですが、その評価ポイントとは、

  • 職務能力(専門性&即戦力)
  • 熱意と意欲
  • 人格や人柄

以上の3つです。重要度としては職務能力がほとんどを占めます、特に40代は。

「組織に適応できるか」や「人間性に問題がないか」などを判断するためには「熱意と意欲」や「人格や人柄」が重要でもありますが、これらは面談でしか採用側にとっては判断できません。なので、面接にたどり着くためには、まず自分が採用側に役立つ人材であることを書類で印象付けることが最も重要です。

職務経歴書は応募先によってその都度書き換えることが重要です。なぜなら、企業によって採用に値する人材のニーズが異なるからです。

書き換えるという意味は、ないものをあるようにという詐称行為のことではなく、採用側が知りたい情報に焦点を合わせ、ある特定の職務経験を強調し、逆に目立たせない工夫をすることで、

「面接する価値のある人材」

という評価を得ることが可能になります。自己分析の質と量がモノを言うのは、まさにこの時です!採用側にとって「オイシイ」情報を厳選しなければ、売れる職務経歴書は作成できないのです。

職務経歴書で履歴書を補う

履歴書で伝えきれなかった必要事項を職務経歴書で分かりやすく書くことが大切です。

採用側は応募者の経験すべてを知りたいわけではなく、仕事を任せられるか、役に立ってくれるのかをしりたいので、経験内容をいかに絞り込むのか、あるいは膨らませることができるのかが面接か否かの分かれ目になります。

職務経歴書に書くべき内容、

  • 経験した仕事
  • 習得した知識
  • 習得した能力
  • 以前の勤務先での実績
  • 今後、どのような貢献ができるのか

の5つです。履歴書に書いた内容の中で特に強調すべきものだけを入れることが、読みやすい職務経歴書を作成するポイントです。

 40代は職種によって異なるアピール

採用の決め手が何であるかは、採用側の募集時のニーズにより様々で最後まで分かりません。しかし、職種ごとに求められる資質はある程度予想ができるものです。

それぞれのアピールポイントを知っていれば、効果的な職務経歴書が作成できます。特にこれまでとは違う職種へのキャリアチェンジを狙う場合、実務経験不足という不利な条件を補うための工夫が不可欠です。応募職種に必要とされる資質を意識して、これまでの経験から共通性のある実績をクローズアップすること。

職種にかかわらず40代のウリはマネジメント経験です。責任者としてマネジメント経験があれば、責任者としても指導した人数は実績となります。

 キャリア式か編年体式かの職務経歴

職務経歴書は大別してキャリア式か編年体式の2つのスタイルがあります。編年体式は最もポピュラーのもので時系列、または逆時系列の書式で職務経歴を書き上げます。一方、キャリア式は担当した職務別に経験を記載するため、専門性や即戦力が分かりやすく、40代には最も適した書式です。

メリット
  • 専門性や即戦力が分かりやすい
  • 応募職種や起業に直接関係ない経歴は省略できる
  • 強調したい経験を目立たせることができる

デメリット
  • 時間の流れが分かりにくい
  • 勤務していた企業やそれぞれの部署での経験年数が分かりにくい

 職務経歴書を書く注意点

いろいろな職務を経験している40代がキャリア式で職務経歴書を書くとき、専門分野の分類が不明確になりがちです。構成によって応募者の印象が違って見えてしまうため、

  • 分類項目が同じ次元であること
  • 分類した項目内容にダブりがないこと
  • アピールすべき順に専門分野を記載すること

以上、3つの点に注意すべきです。そして専門分野要約はロジカルに表現することが大切です。ロジカルとは要点をまず表記し、分かりやすく説得力のある表現で書き示すことです。

まとめ

40代の職務経歴書は職務経験、または職務経歴がいろいろあるため、専門分野の分類が不明確ではせっかくの長所が台無しです。それにキャリア式の書式のメリットを活かすことができません。なので、見た目の印象も採用側の考えを意識しつつ、的確な表現としてロジカルな記述が求められます。

キャリア式職務経歴書の注意点

  • 専門要約(文章・6行以内)+実績(箇条書き・4行以内を2~5項目)

の要領で記載することが望ましいとされています。

専門要約が経験知識要約や実績と同じような記述にならないよう注意が必要です。このほか、経験職内容を詳細にアピールしたい場合は「担当職務+実績」という記載方法もあります。

それでは良い一日を!

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。