転職前線異常アリ?!|40代の戦略的履歴書の書き方

skyscraper

アルバイトなどを含め就職活動においても履歴書を書いた経験は誰もがあると思いますが、40代で転職活動を始めようとするなら、いろいろな疑問や不安が降って湧いてくると思います。また、最もNGなのが分かっているつもりで簡単に考えて書いてしまうこと。求人募集をする採用側は応募者の履歴書や職務経歴書による「マイナス材料」を常に探します。なので、採用側の立場になって「会ってみたい」と思わせることができなければ、希望の企業へは転職できません。希望先の企業のニーズに照準を合わせ、戦略的に書類選考を勝ち抜いていかなければなりません。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

履歴書と職務経歴書どっちを重視?!

採用側の一般的な見方としては履歴書で応募者の概略に目を通した後、職務経歴書で具体的な職務経験や実績をじっくり読み込み、面接する候補者を決めていきます。つまり、履歴書でマイナス材料をチェックし、職務経歴書でプラス材料を探します。

40代の応募者に求められるものは専門性と即戦力。この観点からいうと、具体的な職務経験や実績、能力などが書かれた職務経歴書が重視されます。

履歴書も重要

採用予定人数に対して定員より大幅に応募人数がオーバーしてしまった場合、採用側は必ずしも応募種類をすべてに目を通すとは限りません。履歴書だけで「不採用」と判断し、職務経歴書を読まない企業も多々あるのも事実なので、履歴書を軽視することは禁物です。

採用側は履歴書を書けて当然であると考えています。「社会人としての常識に欠ける」と判断されてしまった場合、条件に合う、合わない以前の問題として即不採用です。なので、40代の応募者が20代や30代に勝つためには注意深く書くことが必要です。また、40代の応募者には「読みやすく書く配慮」が大きく求められます。経験豊富であるためにどうしても文字数が多くなりがちだからです。スッキリと読みやすい印象に仕上げることも重要なポイントです。

 40代はPCで作成

手書きを好む採用担当も中にはいますが、「PCで仕上げたから」という理由で落とすことはないというのが作用側の共通見解です。下手な文字の手書きはかえって印象を悪くし、不採用となる確率が高くなります。なので、見やすさという観点でPCを使って履歴書や職務経歴書を作成することをおススメします。

 PCで作成(自由書式)

40代の履歴書は基本、書式は自由ですがA4用紙1枚で収めるのが基本です。

メリット
  • 作成時間が短縮できる
  • 字が下手でも分からない
  • 年齢で不採用になるリスクを軽減できる(年齢欄は目立たない位置に変更できる)
  • 経験知識要約を職歴より先に読ませることにより、他の応募者との差別がしやすい
  • 独自性とPCスキルの高さをアピールできる
デメリット
  • 応募者の個性が文字で判断できない
  • 見慣れない書式であるため、違和感を覚える採用担当者もいるかもしれない

 履歴書を書く注意点

履歴書を書く内容は、

  • 事実を間違いなく書く
  • 応募者の人柄や考え方を伝える

これら2つが大変重要です。履歴書の項目はほとんど前者ですが、後者は志望動機や本人希望記入欄に書くことができます。また、内容だけでなく、書き方からも人物像が見極められることになり、採用側に意欲や熱意を感じさせることができます。

しかし、40代の場合、意欲や熱意だけでは不十分で、応募条件や必須条件に対して明確にアピールすることが大切です。専門性や即戦力を詳細に書くのは職務経歴書ですが、履歴書でも「会ってみる価値」を表現できるよう自分のPR材料として採用側に目にとめられるよう書くことが重要です。例えば、アピール度の高い免許や資格などは時系列ではなく、一番上に書いて目立たせること。また、必須な経験を満たしていれば、本人希望記入欄などでアピールをしましょう。

 学歴と職歴どんな風に?

学歴は中学から書かないといけないのか?20代、30代であればその必要はあるかもしれませんが、40代は最終学歴で十分です。職歴が重要だからです。学校が特殊で仕事上アピールポイントが高いのであれば、もちろんその学歴からでも結構です。ただし、職務経歴を網羅することをおススメします。業務上や資格取得のための学校での履修は必ず記入しましょう。

よくある質問に短期間で辞めてしまった職について表示しなくて良いのかというと、事実を書くことが重要なので書くべきです。数多ある転職本にはそう書かれています。しかし、本人がハローワークに行って、雇用保険加入歴を申請してそれを見ることはできますが、会社が見たいといっても見せてはくれません。つまり、会社は基本、確認はできません。

 応募職種に関連した免許や資格を書くべき?

実務に関係ないから記載すべきではないとあきらめる必要はないです。特にアピールがないのであれば、趣味における資格でも「人柄」アピールできますし、未経験職種への応募に対しても持ち得るすべての免許や資格をアピールすることで、これまでの職務を全うしてきましたというアピールができます。

 説得力ある志望動機

応募企業に対する思い入れと自分のアピールという2つの要素が志望動機には必須です。採用する側とされる側の双方にメリットがあることを明瞭簡潔にまとめることが重要です。

まとめ

40代の履歴書は20代や30代との差別化にあります。年齢のハンディを経験の豊富さに置き換え、強みに転換すること。

書式自由の履歴書をおススメしましたが、ある程度の雛形は必要ですし、フォーマットがないとなにを書いていいか分かりませんよね。

この書式自由のフォーマットの最大のメリットは年齢を目立たせない位置に置き、経験知識要約を冒頭に記述できることです。

A4ページに収めることが大切ですが、職歴が多い場合は2ページでもOKです。尚、採用側のファイリングも考慮して、左側2cmは余白を確保しておきましょう。

履歴書(書式自由)の注意点
  • 連絡先:住所、電話番号、メールアドレス等
  • 名前(中央に大きく、振り仮名は横)
  • 経験知識要約(6行から8行)
  • 職歴(即戦力を示すため、逆年代順に記入)
  • 学歴(最終学歴)
  • 免許・資格・特技
  • その他:生年月日(年齢は明記しない)、健康、趣味、家族構成

市販履歴書で最も重要とされている「志望動機」を記載しないのは応募先によって書き換えず常に同じ内容で提出するためです。ちなみに志望動機は添え状で補足します。

それでは良い一日を!

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。