転職前線異常アリ?!|40代は自己分析と情報収集で差をつける裏ワザ

skyscraper

40代でもお仕事探しができると分かっていても安心してはいけません。年齢フィルターにかかっていることに間違いないので、その障壁をなくすためには20代や30代に差をつけるアピールをしなければならないことです。そのために40代は圧倒的な自己分析と情報取集で自分を武装することから始めなければいけません。そこで20代、30代に差をつける自己分析と情報取集の裏技を紹介します。

スポンサードリンク
rectangle_big for monk

40代は自己分析と情報収集がカギ

かつては新人類などと呼ばれた40代。そんな共通一次世代がお仕事探しや転職成功への道を切り開くには、

「情報収集とヤル気」

です。転職活動なんてこんな面倒くさいことやる気がなきゃできないじゃないか!とツッコみたくなるでしょうが、これが意外と続かないもんなんです。なぜなら書類審査で落とされ続け、面接にも漕ぎつけられない日々が続き、モチベーションが枯渇する...なんてことが起こり得るんです。そのためのリスクヘッジとして情報収集がとても大切なんです。情報といえば、求人情報のことと思われがちですが、それだけじゃぁないんです。転職成功という目標を達成するためのカギとなるのは、自己分析です。そして明確な目標設定があるからこそ、必要な外部情報を得ることができるんです。

なので、自己分析と外部情報収集の裏ワザを理解し、実践することが大切です。

 40代は自己分析で勝つ!

40代にもお仕事はあると分かっても年齢フィルターがかかっていることは忘れてはいけません。そのため20代や30代と同じような応募書類を書いていては勝てません。勝つためには書類作成のために自己分析は必要不可欠です。

自己分析が不十分なまま履歴書や職務経歴書を作成しようとすると、採用側が「会ってみたい」と思わせる魅力的な応募種類には決してならないんです。

自分の魅力を自身が認識できていない状態では、通り一遍の読んでもつまらない経験内容しか書けないのをご存知ですか。

  • 大きな実績がない
  • 特殊なスキルがない
  • 強力なコネがない

と思い込んでいる40代の応募者は20代や30代に勝てません。職務経験が長い分、セールスポイントがないはずがないんです。

「何もない」と思い込んでいる気持ちが無意識のうちに見つけられない状態を作り出してしまっているんです。そこで必要なのが徹底した自己分析!

徹底した自己分析作業を実践することで、自信を持って前向きに転職活動をするためのエネルギーとなりますので、ステップを踏んでやっていきましょう。

 1. 時系列で徹底的に職務経験や研修受講歴の棚卸をする

自分のセールスポイントを見つけるために時系列で職務経験や研修受講歴などを振り返り、自分の過去に関する情報を徹底して集める。

 2. キャリアの抽出で経験を武器にする

売れるキャリア(専門性や即戦力のある職務分野)を時系列の棚卸から得意な業務の整理をする。

セールスポイントがない人はいません。実績もノルマを達成した事実であり、職務遂行に必要な能力や知識があれば十分です。

 3. 性格と行動特性から自分の強みを認識する

セールスポイントのひとつとして性格や行動特性は応募先または採用先企業に「会ってみたい!」と思わせる効果があります。

 4. 目標達成を左右する興味と価値観の棚卸をする

興味と価値観の棚卸は目標設定に必要であるとともに、内定受託後の決断に大きく関わってきます。

 5. 40代の転職は「天職」検索をする

転職できてもすぐに辞めることになったら、その転職は結局失敗です。後悔しないためには人生設計(キャリアビジョン)を明確にしておく必要があります。

 6. 人生設計の実現に向けた自己開発計画をする

「天職」を見極めて、方向性が決定したら、具体的な実現計画が必要です。節目ごとの目標のうち、最初のハードルが今回の転職となります。

以上、6つの行動が自己分析の指針となります。そして自己分析をすることで自分の情報取集を終えることができ、履歴書や職務経歴書に反映することができます。

 40代は情報収集で勝つ!

40代の転職情報の収集方法と活用方法でかなり差が付きます。

転職に必要な情報は求人情報と転職先の企業や業界に関する情報の2つ。それぞれの入手方法と活用方法を把握しておきましょう。

 1. 求人情報の収集と活用

  • 新聞求人募集欄:地方
  • 求人情報誌(フリーペーパーなど):地方
  • ハローワーク:地方
  • 業界・専門誌の求人募集欄:全国
  • 求人情報サイト:全国
  • 企業のホームページ:全国&地方
  • 人材バンク:全国
  • 人材紹介:全国&地方
  • イベント(ジョブフェアなど):全国&地方
  • 人脈

など求人情報は多種多様です。しかし、40代は年齢フィルターにかかっているので、情報を受け身で待つんではなく、自分から働きかけて情報をゲットする必要があります。そのためには、これらの情報源をフル活用するのが大切です。上記情報源を多面的に集中して活用することが40代転職成功のカギです。

 2. まず敵を知る!

希望の求人応募をする前に採用側のニーズを把握しておく必要があります。求人情報によって求められる人材像の知識を得るとともに、業界動向や企業情報を入手し、具体的な応募先の目標設定へと進めることになります。また書類選考に勝ち抜くためには、企業研究や業界情報が不可欠です。なので、情報源としてできるだけ多くの手段を用いることが望ましいんです。すべては情報量とヤル気です。

まとめ

自己分析をすることで応募書類(履歴書や職務経歴書など)に厚みが出て採用側に魅力的なアピールができ、転職に関する情報収集することで求人ニーズを把握することでさらにアピールできることが理解できたでしょうか。この手間を惜しむと20代や30代には勝てません。

なので、手間を惜しまず、情報量を駆使し、モチベーションを保ちましょう。

「今回の転職こそ明るい未来への転機!」

と思い、転職活動に邁進しましょう。

人生とはそういうものです。

それでは良い一日を!

スポンサードリンク
rectangle_big for monk
rectangle_big for monk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。